アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

小池コラム

【不要な検査】合法的に邪魔な家族を消す方法

更新日:

【この記事の目的】
大切な家族のためによかれと思ってしたことが、実はマイナスになることもある。医療はとくに分かりづらく、そのリスクが高い。理解している医師も大勢いるが、バカな患者に説明すると逆ギレされる。世の中は、ニコニコしながら、たくさん薬を出す医者がいい医者だ。それが基本になると、本当の事が伝わらず、大切な人の健康を害するかもしれない。愚かな人が沢山いるせいで、真面目に生きる人、その大切な家族が被害を受けることがあってはいけない。その事実を伝えること。

私は、今は亡き高齢の父に言いました。

「胃部不快感があるから、
内視鏡を受けたい?
前も検査で問題なかったじゃない。

もし、受けたとして、
癌が見つかっても、
手術する体力も、
抗がん剤を受ける体力もないでしょ?

いままで診てきた感じ、
癌という気はしないし、
仮に癌があったとしても、
癌で死ぬ前に、普通に寿命が来ると思うよ。」

と言ったら、それ以降
症状も気にならなくなったそうです。

状態によっては、
検査で食欲をなくし、
衰弱してしまった、
という話もあります。

何事もメリット、デメリットがあります。

自分の満足度のために、
家族に検査を押しつけましょう。

善意のふりをして、
邪魔な家族の健康を害しましょう。

長年の恨みを晴らすよい機会です^o^

【このブログは、特定の個人や団体、商品やサービスを非難するものではありません。一部、辛辣と思われる表現を含む場合がありますが、虚偽や錯覚を招く表現があたりまえになっている今の世の中で、正しい情報を伝えるために、やや過激な表現をするほかないだけです。】

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.