アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【歯ぎしり】くいしばりの一般的に言われている原因と対処方法

更新日:

歯ぎしり・くいしばりの原因は何か?

歯ぎしり

=問題は歯

=歯科に行こう

=歯科の一般的な解説を信じよう

=歯いじって、マウスピースして治らなければお手上げだ

という人が多い。

 

世の中に多いか分からないが、

ドクター小池クリニックには多い。

 

さて、歯ぎしりは

中枢性のストレス

精神的・肉体的なストレス

お口の中の環境

全身疾患

お薬の副作用

など様々な因子が絡んでいる。

一般的にはそうらしい。

 

歯ぎしり、くいしばりの治療法として

原因となる噛み合わせを修正

ムシ歯の治療

高さの合わない詰め物の調整

歯の抜きっぱなしを改善

があるそうだ。

 

ブラックスチェッカーという方法で、

でギリギリしているのが分かる。

 

色が取れたり、くっついたりする

マウスピースをいれると、

寝てる間の、ギリギリしている状態が

色をみて分かるというものだ。

 

実際、歯ぎしり患者は増えており、

全体的に歯がしみる、

歯の根がしみる

詰め物がよく外れる

朝お口のまわりの筋肉がこわばる

という症状があるそうだが、

眠気

疲れ

頭痛

だるさ

など、歯と関係ない症状も多い。

 

歯を治して、

歯ぎしりが完全治る

わけではない。

しかし、歯は大事なので、

歯ぎしり関係なく、

治した方が賢明である。

 

ドクター小池クリニックの歯ぎしり治療はこちら

 

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.