アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【睡眠】は人によってかなり違う、88の睡眠障害パターン

更新日:

88個に分類するのはいいけど、

すこしシンプルに4種から。

 

睡眠障害の分類は、1990年に「睡眠障害国際分類」が公表され4群88種類にに分けられているそうです。

 

年齢

胎児や赤ちゃんは

寝たり起きたり、寝ている時間が長い。

成長とともに睡眠時間は大人に近づきます。

 

学校に行くようになると、

居眠り、昼寝は怠け者と植え付けられ、

スマホ、習い事で睡眠時間が減ります。

 

社会人になると、寝ずに働くようになります。

 

男女差

女性はホルモンで眠気が左右されます。

更年期になると、不眠傾向になります。

 

睡眠時無呼吸症候群や

新生児突然死症候群は、

男性、男児が多いので、男性は弱いですね。

 

個人差

ノンレム睡眠が

よければ、短くなるでしょうし、

悪ければ、長くなるでしょう。

 

それにライフスタイルもあれば、

睡眠時間も変わるでしょう。

 

季節差

暑ければ眠れないし、

寒ければ布団出ずに寝ようとなります。

 

地域によっては、季節の変化が

激しいところもあるでしょう。

 

 

簡単に睡眠の質を高めるには

スマホ見て夜更かしするのやめることから。

意外と単純かも?

 

安眠できない原因を探って、

体も心も改善させましょう。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.