アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【ノンレム睡眠とレム睡眠】を知るだけで、アナタの睡眠の質もアップする?

更新日:

普通の人は、

ノンレム+レム睡眠が1セット、約1.5時間です。

1単位=1.5時間

 

そこで

1.5時間の倍数の睡眠時間が

良いと言われているが、その理由とは?

 

レム睡眠

急速眼球運動

rapid eye movement(REM)

のレムです。

急速眼球運動は、

閉じたまぶたの下で

眼球がキョロキョロ動くことです。

体はぐったりしているのに、

脳は覚醒に近い状態で、

夢を見ていることが多い眠りです。

 

ノンレム睡眠

レム睡眠「でない」眠り

安らかな眠りです。

 

簡単にいうと

 

ノンレム睡眠は

「ぐっすり眠る」状態

 

レム睡眠は

「ぐったり眠る」状態

 

寝入りばなの約3時間に、

質のいい眠り

(深いノンレム睡眠=熟睡)

がおこります。

後は、浅いノンレム睡眠と

レム睡眠の組み合わせです。

 

1単位の終わりごろに目が覚めやすいので、

寝てからだいたい、

3単位=4.5時間

4単位=6時間

5単位=7.5時間後に

起きるようにすれば、目覚めがよいといわれています。

 

寝付きに時間かかったり、

途中で起こされたら、

目覚まし時間ずれるてしまいます。

 

なので、あてになりませんね。。。

 

理屈で、いい睡眠とれたら苦労しません。

 

安眠できない原因を探って、排除する方が簡単だったりします。

 

体も心も改善するクリニックに相談しましょう。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.