アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【運動】をレベルゼロからスタートする時の注意点

更新日:

先日のブログで、

ボディービルダーの話をしたので、

今まで運動を全くしないのに運動をしたくなった方もいることでしょう。

 

運動してスジ、関節を痛めた。

子供の運動会で頑張ってケガをした。

だいたい、これに似た結果になるでしょう。

 

試しに、ダンベルと持つと意外と持てます。

そして、結構楽しく頑張れます。

 

次の日、疲労と筋肉痛で具合が悪くなります。

 

運動をあまりしてこなかった人

運動をしていたけど間があいた人

 

車で言うところの、

アクセルを急に踏んではいけません。

 

ブレーキを離すと、ゆっくり進みます。

 

速度が一定になったら、少しアクセルを踏みましょう。

 

こんなイメージです。

 

かくいう小池も、同じような経験をしてしまいました。

もし本気で頑張ったら、ちょっと大変なことになっていたかもしれません。

 

【レベルゼロ】からのスタートは、

ストレッチ、ウォーキングから始めるのをオススメします。

 

運動や食事、効率のいい医学的アプローチを知りたい方

ボディビルじゃないけど、体型維持、

パフォーマンス向上を考えている方

LINE@からご相談下さい。

 

LINEを使っていな方は、ご相談はこちら

 

今のままでは、

実は不毛な時間を過ごすだけで、

意味がないことになるおそれがあります。

https://line.me/R/ti/p/%40jwg3917z

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.