アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

厚生労働省により【人は愚かである】と証明?

更新日:

平成26年の厚生労働白書によると、

「人は愚かである」

とも取れる内容が盛りだくさんだった。

 

健康寿命という、言葉も意味も知らない、65%

言葉は知っているが、意味は知らない、15%

あわせて8割

 

健康寿命とは

「死ぬ前に、日常生活に制限のある不健康な期間」

 

男性、約9年

女性、約12年

 

小学校から中学まで、あるいは小学校から高校まで、と同じ長い期間、

「日常生活に制限のある不健康な期間」があるということ。

 

具合がいつも悪い

どこか痛い

手足が不自由

目がわるい

痴呆、寝たきり

などの状態と言うことが続く。

 

健康に不安のある人、6割なのに何も対策をおこなっていない人

 

特に理由はない、3割

やり方分からない、2割

経済的にゆとりがない、15%

 

お金が無いのはしょうがないですね。

スマートフォン保有率、7割だけど、健康のために出してもいい金額0~5000円未満、7割

携帯代払うけど、健康維持のためのお金はかけたくありません。

 

かかりつけ医を信頼する人、9割

なのに、なが~い不健康寿命が待っている。

 

かかりつけ医は、たいがいヤブ医者か?

患者は医者の言うことを聞かない、愚か者か?

医者のくせに病気になるとか、老けてるとか何ででしょ?

と思っていたけど、こんな愚かな人々を毎日見てたら、医者も具合悪くなりますね。

 

上記、ご理解頂けた方、

「ブログの内容はもっともだ。私は本当に健康が必要だ。」とご相談下さい。

 

LINE@から問合せいただくか、

LINEを使っていな方は、お問合せはこちら

 

今のままでは、

実は不毛な時間を過ごすだけで、

意味のない人生になるおそれがあります。

 

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.