アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

客観的なデータを出しているが、頭悪い人が読むとミスリードされるエナジードリンクの調査結果

更新日:

カフェインを飲み過ぎる愚かな子供たちが増えているらしい。

エナジードリンクを飲む子どもたちに起きている「異変」

https://news.yahoo.co.jp/feature/815

 

自分の学校に、エナジードリンクを習慣的に飲んでいる子どもがいる」と

答えたのは、中学で24.4%、高校では48.4%

 

一人の生徒が飲んでいたら、yesになるので、

高校生の半分が飲んでいるわけではないですね。ややこしい。

 

『飲んだら集中できるよ』

『飲めばパフォーマンスが向上する』

と、信じこんでいる子供達がいるとのこと。

 

食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

 

エナジードリンクなどは缶や瓶1本当たりにすると、コーヒー2杯分に相当するカフェインとある。

これではエナジードリンクがカフェイン2倍多いみたいだけど、同じ100ccだとカフェインの量はそんなに変わらない。

 

「1リットルのコーヒーパックは、コーヒー1杯分の10倍のカフェインが入っている」

当たり前でしょ?

 

 

○米国疾病予防管理センター(CDC)

エナジードリンクとアルコールを混ぜて飲むと、エナジードリンク中のカフェインがアルコールによる機能低下を隠してしまいます。

なお、カフェインはアルコールの代謝に影響しません。

呼気中のアルコール濃度を低下させることもありません。

カフェイン入りのエナジードリンクをお酒(アルコール)と混ぜて飲むと、アルコールを飲み過ぎてしまい、結果としてアルコールによる健康への悪影響を受けやすくなります。

これをみると、「濃いアルコールのレッドブル割り」を女性にやたら勧める悪童の理屈が分かるでしょう。

「酔いにくくなるよ」的な?

 

結論

・客観的なデータを出しているが、頭悪い人が読むとミスリードされる。

・エナジードリンクでどうにかしようとする愚か者が子供達の中にいる。

・エナジードリンクが悪者にされているような記事だ。

・エナジードリンクは悪者でないが、愚かな人間が欲するように、「体感や味、広告」を調整している事実はあると思う。

・盛り場でも、悪用する人がいる。

 

そして小池はパフォーマンスを上げたいとき、疲れたときには、絶対にエナジードリンクは飲まない。

 

私の説明を聞いて、

「世の中のニュース記事を見ても、誤って理解してしまう」

「この先生なら、正しい健康情報を教えてもらえる」と思った方は、

LINE@を登録すると便利です。

{B4B1278F-10B9-4E61-8E5F-2F8C3F07DB26}

@jwg3917z

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.