アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

小池コラム

【精神科医から教わった話】営業マンもメンタル患者もつかうyes but 話法

更新日:

先日、精神科の友人と会った。

yes but 話法、イエスバット法というお話。

 

「たしかにうちのサービスはXXな欠点がある。しかし、○○な長所がある。」

と営業マンが使う話術のこと。

 

メンタル患者に、何かこうするのはどうですか?と聞く。

「確かにいい考えですが、でも○○だから無理」

というときは、マイナスな使い方だが、それもイエスバットだ。

 

彼の話はおもしろく、他にもいろいろとタメになる話を聞いた。

この手の内容、コンサルタントだと高い金額を取るはずだ。

 

生活保護を受けて無料で受診している患者が、

「世の中間違っている」と医者に持論をとくらしい。

 

精神科受診者って幅が広い。

反社会性人格障害(わるい事をしても気にしない犯罪を犯すような人)

から、眠れない、うつ気味だ、という人まで見る。

 

診る価値あるのかな?と言うと、

医者なんだから差別せず全員みろ、と言う人もいる。

 

民度が低い人も診なくてはいけない彼だが、

割り切ってみているらしい。尊敬する。

 

ドクター小池クリニックは、会員制クリニック

現状の体調不良から抜け出したい

将来にむけて自分の健康を維持したい方のためのクリニックです。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.