アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

小池コラム

「死ねばいいのに!」院長が退職者に贈る言葉!

更新日:

img_cry

美容クリニックで施術を受けて困ったわけではないのですが、

こういったことがありました。

あるスタッフが退職を考えていて、院長と話をしていました。

 

理由がどうであれ、その院長はそのスタッフに向かって、

「死ねばいいのに!」と言っていました。

 

責任者として、長年働いていた人に対してですよ。

そのスタッフは、「死ねばいいのに!」の一言で、退職を決心したようです。

 

その院長は、スタッフに手を出すし、愛人にマンションを買ってあげるし、

院長仲間の先生にも、何々の車を買った、時計を買ったという話ばっかり。

 

美容の先生ってギラギラしていたり、ナルシストだったり、

すかしていたり、そんな先生ばかり。

 

ギラギラ=先生だから、小池先生は先生っぽくないですね。

 

 

 

サイコパスってご存じですか?

映画『悪の教典』で、伊藤英明さん演じる、

「蓮実聖司」という登場人物に特徴的な精神病質者のことです。

 

ウィキペディアによると、

「極端な冷酷さ、無慈悲、エゴイズム、感情の欠如、結果至上主義が主な特徴で、
良心や他人に対する思いやりに全く欠けており、罪悪感も後悔の念もなく、
社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う。
その大部分は殺人を犯す凶悪犯ではなく、身近にひそむ異常人格者」

とあります。

 

周りにも、こういう方いませんか?

 

美容のある先輩医師にも言われました。

成功している美容クリニックの院長の本質は、

「人たらし」 と 「図太い神経」だ、と。

 

私は、その人にとって何が本当に良いのかを考えるのが得意なのですが、

蓮見先生のようなカリスマ性は持ち合わせておりません。

 

皆様も、蓮見先生に殺される生徒達のようにはならず、

「何かおかしい!」と気づいて、

生き残った生徒のように行動して頂き、

美容クリニックを選ばれるのが、よいかもしれません。

 

 

もっと知りたい 
ダウンダウン
まだ美容クリニックに行ってはならない!

 

毎日の診察で、みなさまのお悩みに対応させていただいてます。
同じようなお悩みがあれば、ドクター小池クリニックにご相談くださいませ 

ダウンダウン
http://www.koicl.com/contact

 

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.