1. HOME
  2. プロフィール

プロフィール

本記事はテイストを変えています。

はじめまして。
ドクター小池クリニック院長の小池佳嗣(こいけよしひで)です。
どうしても先にお伝えしなければいけないことがあるので、お話しますね。

当ブログ記事をはじめて見られた方でしょうか?
もしかすると気分を害した上で「どんな医者がブログを書いてるのか見てやろう」とこちらに来たのかもしれませんね。

仕方ありません。
なぜなら、あなたの心にグサグサと刺さるよう「わざと強い表現を使って」ほかのブログ記事は書いているからです。
このプロフィール記事を除いて、は。

ただ、他に手がなかったのです。
本当の意味であなたが「健康や幸せ」を手に入れるためには、「心をえぐる表現・目をそむきたい真実」という「劇薬」を使う必要があったとご理解ください。

ですので、こちらのプロフィール記事では「本当の小池イズム」をお話します。
小池は「あなたの夢に協力するパーソナルドクター」として活動したいのです。

私は、ちょっと変わったお医者さん

突然ですが、患者さんからよく言われることがあります。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

「小池先生の考え方って、面白くてちょっと変わってるよね」
「もちろんいい意味でね(笑)」

[/st-mybox]

思わずくすっと笑ってしまいます。
自分でも「視点は普通の医者と違うだろうなー」と感じているので(笑)

というのも、医師としての出発点に理由があります。
私の心に根ざしているのは「医者であるのに医者の仕事が好きになれなかった」という疑念に満ち溢れた気持ちが、スタートラインだったからです。

プロフィール

経歴

唯一の目的「ニコニコできる人生」を叶えるためのドクター小池クリックを創設

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]アンチエイジング[/st-minihukidashi]

世間では、「ノーベル賞級の」「有名人がやっている」「原因の9割は○○」「最新」など医療がセンセーショナルに報道されます。

遠い未来は分かりませんが、現実的な話として、現時点で実生活に恩恵を受けている人はどれだけいるのでしょうか?

広告やマーケティング、流行やブームに左右されることなく、実益を享受できるダイエット・疲労回復・美容・アンチエイジングに取り組んでいます。

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]スポーツ医学[/st-minihukidashi]

主にK-1、柔術、競輪、陸上短距離走、ゴルフ、ボディビルなど、選手向けのメディカルサポート、コーチング、メンタルトレーニングに取り組んでいます。

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]社会医学[/st-minihukidashi]

多くの人が現在の医療に満足しているとは思います。
しかし、このような悩みを持つ人はいないでしょうか。

  • 3時間待ちの3分診療・・・
  • 薬を飲み続けても元の体には戻らない医療・・・
  • 美容クリニックに行って満足度が低い・・・
  • 主治医や担当医が健康的な感じや若々しさがない・・・など

これらの疑問や悩みを持っている人がいても、相談することころがありません。

臨床のみでは解決しないこれらの問題を、臨床と社会学を通して解決していく医療に取り組んでいます。

その取り組みは、一般社団法人「日本健康医学コンシェルジュ協会」を立ち上げ、主に健康・美容従事者(柔道整復師、鍼灸師、整体師、パーソナルトレーナー、エステティシャン、美容師、カウンセラーなど)と共におこなっています。

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]産業医[/st-minihukidashi]

産業医の使命は、「組織のために働くすべての人々が安全に、身体的及び精神的な健康が保護されて働ける」ようにすることです。

しかし実際は、健康診断を受診した労働者のうち、異常の所見がある者の割合は55%を超えると言われています。

その事実を理解し健康経営に積極的な企業に対して、「企業の国際標準化機構(ISO)策定の労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001)」取得に協力しています。

ISO45001とは、安全衛生に対して一定基準以上の取り組みを行う企業や団体を顕彰・公表する制度で、ホワイト企業の証とも言われてます。

保有資格

日本抗加齢医学会専門医

日本医師会認定産業医

所属学会

日本抗加齢医学会

日本酸化療法医学会

日本臍帯プラセンタ学会

日本健康医学コンシェルジュ協会

テレビなどメディア出演歴

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]テレビ[/st-minihukidashi]

TBS「教えてもらう前と後」 (監修)

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」

日本テレビ「女神のマルシェ」

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]雑誌・記事[/st-minihukidashi]

「ラクラクやせる! 病気が治る! ゴマの薬食術 」(マキノ出版)

「薄毛・白髪 円形脱毛を(楽)治すスゴイ育毛術」(マキノ出版)

「安心」(マキノ出版)

「子供はみんな天才!! 頭が良くなる食べ方、暮らし方」(キラジェンヌ)

「veggy vol.49」(キラジェンヌ)

「2014年度版ヒットの予感」(ミスター・パートナー)

「10歳以上若返る50のキーワード」(ギャップ・ジャパン)

「今度こそ悩みを取り去る!最新クリニックガイド」(ギャップ・ジャパン)

「美ST」(光文社)

「iliholi 1」(エクスナレッジ)

「GLAMOROUS」(講談社)

講演歴等

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]健康・美容関係者・一般向け[/st-minihukidashi]

2016_0329(美容医療の実際)
2016_0412(行動心理)
2016_0602(美容医療とは)
2016_0922(医療連携)
2018_0220(日常的な毒)
2018_0319(食事指導QOL)
2018_0423(血液の汚れ)
2018_0521(プロテイン)
2018_0625(ダイエット)
2018_0717(ビタミンとミネラル)
2018_0918(認知症とアルミニウム)
2018_1023(アレルギー)
2018_1111(歩き方)
2018_1119(認知症)
2018_1227(ダイエット)
2019_0122(エビデンスは本当か?)
2019_0218(ガンとビタミンC)
2019_0319(育毛)
2019_0415(ボトックスと姿勢)
2019_0520(カラダの仕組みと栄養学)
2019_0617(医療とのつきあい方)
2019_0722(アトピー性皮膚炎が医療で治らない理由)
2019_0821(副腎疲労)
2019_0924(副腎疲労2)
2019_1021(カラダの仕組み)
2019_1118(あぶら)
2019_1223(コレステロール)
2020_0120(ミトコンドリア )
2020_0211(ミトコンドリア2 )
2020_0323(ウイルスと細菌)
2020_0420(免疫システム)
2020_0622(コロナウイルスとビタミンD)
2020_0727(自信と健康)
2020_0824(筋肉)
2020_0923(ラーメンで認知症?)
2020_1026(若返り成分NMNとは?)
2020_1130(思考は現実化するのか?)
2020_1221(思考は現実化するのか?2)
2021_0125(コロナウイルス感染症)
2021_0221(美脚の作り方)
2021_0322(洗脳)
2021_0426(No More 思い込み)
2021_0524(生きづらさを捨てる方法)
2021_0620(疲労回復のポイント)
2021_0621(本当にやりたいこと)

[st-minihukidashi bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]企業向け[/st-minihukidashi]

2019_0320(スマホの持ち方)
2019_0417(座りっぱなしは悪いのか?)
2019_0514(運動)
2019_0821(数値以上の本質)
2019_1016(病院のかかり方)
2019_1120(見た目と寿命)
2019_1218(腸内細菌)
2020_0115(ワクチン)
2020_0212(ミトコンドリア)
2020_0318(細菌とウイルス)
2020_0610(コロナウイルス)
2020_0715(自信と健康)
2020_0812(熱中症)
2020_0916(ラーメンで認知症?)
2020_1014(感情のコントロール)
2020_1118(ストレスの本質と向き合う)
2020_1216(非アルコール性脂肪肝炎 )
2021_0120(コロナウイルス感染症)
2021_0217(パワハラと地震)
2021_0317(新型コロナワクチン)
2021_0421(まん防)
2021_0519(ストレス)
2021_0616(ストレス2)