うつ病で調子が悪いときの精神科医の選び方

うつ病の薬を何年も飲んでいませんか?

薬を飲んでいれば、症状もなくてハッピーなら、何も言うことはありません。

「うつ」の反対は「躁」ですが、うつ病の治療の結果は「何も感じない状態!」になっていませんか?

もし、薬を飲んでも飲んでも治らない。

あるいは、どんどん薬が増えている。

過去の延長が現在、現在の延長が未来、今と同じ未来が嫌な人は参考して下さい。(*コーチング理論を学んだ人の時間軸はいったん無視します。)

あなたが知らない刺激的な動画や情報ですが、100%鵜呑みにせず自分で思考してください。

引用元市民の人権擁護の会CCHR:CCHRの衝撃的なドキュメンタリーとビデオを見る|市民の人権擁護の会CCHR

精神科医は薬を出す以外なにもしてくれない?

精神科医は、好ましくない行動は薬によって、患者さんの悪い状態を修正できると説明しています。

向精神薬は、インシュリンのような通常医療で用いられる医薬品と異なります。

治癒すべき対象となる疾患(うつ病や統合失調症などの精神科疾患)は、採血や検査などで測定できる形では存在しません。

さらに向精神薬は、身体がスムーズに機能するために必要な、体内のさまざまな化学作用の微妙なバランスを崩す可能性を否定できません。

好ましくない行動パターンに、次々と「障害」の名前がつけられるようになり、それらは精神科の薬物療法が必要だとされました。

しかし、これらを本当に「病気」と呼んでいいのでしょうか?そこで、このような疑問が生じます。

向精神薬が、どうして人生におけるあらゆるストレスや悩みに対する治療の主流となったのでしょうか?

また、精神科医は、向精神薬で病気が本当に治ると考えているのでしょうか?

アナタが思うのは、治る=(好ましくない行動や症状が起きる前の理想的な健康状態に戻る)だと思いますが、その意味で治るという状態にもどれるのでしょうか。

参考抗うつ薬 副作用 自殺

薬が悪いのか|出す人が悪いのか|飲む人が悪いのか

薬がすべて悪い訳ではありません。誤解しないでください。

痛みがあって苦しいのであれば、痛みの原因をあれこれ考えて苦しみ続けるより、痛み止めを飲めばいいのです。

痛みがおさまれば、落ちついて痛みの原因を考えることができます。

ですが、多くの人は痛み止めを飲んでいれば全て良し、痛み止めを飲んでいれば痛みが消えて治った、そのように考えます。

引用元市民の人権擁護の会CCHR

治療それとも拷問?

治療それとも拷問? 電気ショックについての真実
市民の人権擁護の会からの衝撃的なドキュメンタリー
https://www.cchr.jp/ban-ect/watch/therapy-or-torture-the-truth-about-electroshock.html

ドクター小池はこう思う

自分の心や体がよくなるなら、方法はなんでもいいと考えています。

良くなっていないのに続けているなら、その方法は間違っている可能性があります。

あるいはその方法が、あなたには合っていない可能性があります。

うつ病になっていると、正常の時より冷静な判断ができません。

うつ病は、辛いことを、時間がたっても何度も繰り返し思い出すことで、心をすり減らして鬱になっていきます。

うつ病になっていない人でも、出来事が終わっているのに過去の記憶を何度も思い出して、生きづらさを感じている人も多いことでしょう。

一般的に言われているポジティブシンキング、ストレス発散、そのような方法ではほとんどの人が解決しません。

解決するのであれば、悩みが深刻ではなかったということで、生きやすい生き方ができる、生き方上手な人なのでとても良いことです。

実際多くの人の、変わりたくても変われない、どうやって変わったらいいかわからない。

そういう悩みに対して変容を促す人がコーチです。

その人が本当に望ましいと思う状態に変容を促す技術が、コーチングです。



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム
-,