うつ病

うつ病の薬を何年も飲んでいませんか?

薬を飲んでいれば、症状もなくてハッピーなら、何も言うことはありません。

もし、薬を飲んでも飲んでも治らない。

あるいは、どんどん薬が増えている。

過去の延長が現在

現在の延長が未来

今と同じ未来が嫌な人は、参考して下さい。

ただし、これらの動画や情報を100%鵜呑みにしてはいけません。

 

引用元市民の人権擁護の会CCHR:CCHRの衝撃的なドキュメンタリーとビデオを見る|市民の人権擁護の会CCHR

精神科医は薬を出す以外なにもしてくれない?

精神科医は、好ましくない行動は薬によって修正できると説明しています。

向精神薬は、インシュリンのような通常医療で用いられる医薬品と異なり、治癒すべき対象となる疾患は、測定できる形では存在しません。

さらに、身体がスムーズに機能するために必要な、体内のさまざまな化学作用の微妙なバランスを崩す可能性を否定できません。

好ましくない行動パターンに、次々と「障害」の名前がつけられるようになり、それらは精神科の薬物療法が必要だとされました。

しかし、これらを本当に「病気」と呼んでいいのでしょうか?

そこで、このような疑問が生じます。

向精神薬が、どうして人生におけるあらゆるストレスや悩みに対する治療の主流となったのでしょうか?

また、精神科医は、本当に治る(好ましくない行動や症状が起きる前の理想的な健康状態に戻る)と考えているのでしょうか?

大事な人が亡くなったのが悲しいとして、人が生き返るのでしょうか?人の死を受け入れて先に進めるようになるのでしょうか?薬によって!

参考抗うつ薬 副作用 自殺

薬が悪いのか|出す人が悪いのか|飲む人が悪いのか

薬が悪いと言われていると、勘違いをしないで下さい。

痛みがあって苦しいのであれば、痛みの原因を考えてつらい思いをするのではなく、痛み止めを飲めばいいのです。

痛みがおさまれば、落ちついて痛みの原因を考えることができます。

痛み止めを飲んでいれば全て良し|痛み止めを飲んでいれば痛みの原因も消失する

そう考えて事態が悪化させなければよいのではないでしょうか。

引用元市民の人権擁護の会CCHR

治療それとも拷問?

治療それとも拷問? 電気ショックについての真実
市民の人権擁護の会からの衝撃的なドキュメンタリー
https://www.cchr.jp/ban-ect/watch/therapy-or-torture-the-truth-about-electroshock.html

ドクター小池はこう思う

自分の心や体がよくなるなら、方法はなんでもいいと考えています。

自分のやり方や自分の判断で、良くなっていないなら考え直したら?と思うだけです。

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ