アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

アンチエイジング 予防医学 美容

【女性のための頭髪治療】まとめ

更新日:

20代、30代の時と比べて写真で見て分かるくらい、毛が細くなり、ボリュームがなくなり髪のセットがしづらいといった40代、50代などの方が治療対象です。

女性のための発毛治療

近年になり、女性の薄毛が大きな社会問題になっています。
加齢にしたがって、髪の毛が細くなってくる細毛化だけではなく、女性の男性型脱毛症や、円形脱毛症、など様々な症状が発生しております。

男性の脱毛治療「AGA」がプロペシアという医薬品の登場を機に大きく進展ましたが、女性の場合はこのプロペシアがカラダへの負担が強く禁忌となり服用することができません。
ドクター小池クリニックでは、女性のカラダに負担をかけることなく女性にとって大切な髪の再生を実現するために、女性専門のオリジナル治療を行う育毛・発毛外来を行っています。

症例紹介

30歳前後から薄くなり始めたと実感していた50代女性

こんな症状でお悩みの方

  • 髪にボリュームがない
  • 最近抜け毛が増えた・・・
  • 髪にハリやコシがない
  • フケがよく出る
  • 家族に薄毛の人がいる
  • カツラはしたくない
  • 分け目が気になってきた
  • 毎朝抜け毛の量が気になる
  • 頭のてっぺんが薄くなってきた
  • 更年期になって薄毛が気になりだした
  • 出産後に抜け毛が増えた
  • 市販の育毛剤を使っているが効果が感じられない

女性の薄毛の悩み

今まで、髪は女性ホルモンが関係しているので女性の頭髪は薄くならないと言われてきましたが、近年薄毛の悩みは男性だけでなく、女性の中にも急増しています。その原因は、ストレスや過度のダイエットなどによる栄養の偏り、睡眠不足などの生活習慣によるものです。ストレスや生活習慣の乱れといった、いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまいます。

その結果、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる「毛乳頭」や「毛母細胞」に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。ストレスは仕事などから起こる神経の疲れや、十分な休息が取れない場合などに溜まりがちになります。

特に規則正しくバランスの取れた食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要なファクターです。中性脂肪、コレステロールの多い食事をし続けることは血液粘性の増大を招き、頭部の血行不良を引き起こすことに。頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態に直結してしまい、脱毛を引き起こす原因になってしまいます。過度なダイエットや偏った食生活は、頭皮にとっては非常に避けたい行為といえます。

女性の薄毛の原因

薄毛の原因の一つとしてよく言われているのが遺伝です。しかし近年の研究の結果、薄毛の原因の多くは遺伝ばかりではなく、さまざまな要因(ストレス・、加齢、生活習慣の乱れ)が絡み合っているのがわかってきました。女性に限らず30代後半から髪が細く、伸びにくく、ハリがなくなってきます。早めに生活習慣の改善をおこない、適切なケアをしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

更年期障害による急激な女性ホルモンの減少により、髪が薄く、細くなります。

ストレス

仕事や人間関係、家庭内の問題などのストレスなどが頭髪にも影響を与えます。

喫煙やアルコール

過度なアルコールや喫煙は健康に良くないだけでなく、頭皮にもよくないという事です。

生活習慣の乱れ

不規則な生活、睡眠不足や偏った食事など、生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩し、老化を早めます。

頭皮のトラブル

脂漏性皮膚炎、肌に合わないヘアケア用品の使用、過剰な頭皮マッサージは、頭皮を傷つけ薄毛を進行させてしまいます。

過激なダイエット

栄養不足は毛の生成に必要なたんぱく質、ミネラルの摂取が不足します。

※薄毛の原因はさまざまありますが、男性の薄毛のAGA( Androgenetic Alopecia「男性型脱毛症」)と違い女性の薄毛は男性に比べて改善する可能性が高いといわれています。

よくみられる女性の薄毛の症状

びまん性脱毛症

症状としては頭の広い範囲に均等に起こり、全体の毛が抜けて薄くなります。特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。 これは中年以降の女性によく見られ、AGA(男性型脱毛症)と同じく、毛は成長することを休んでしまう休止期毛の割合が多くなり、その結果抜け毛が増えるようになり脱毛症が進みます。 しかし、男性型脱毛症と異なり、生え際の後退はなく頭皮全体の毛が抜けておりますので、脱毛部分の境界ははっきりしません。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

妊娠中、女性ホルモンが一気に増加します。それが妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモン:排卵の準備を行うホルモン)などの分泌が変化することによって脱毛が促進されると考えられています。また、出産前の胎児が急成長することによる栄養不足が原因ともいわれています。ただし産後半年~1年ほどで自然に症状が治まる ため、他の種類の抜け毛や脱毛症に比べ、あまり心配する必要はありません。

卵巣機能や甲状腺機能の低下

疾患により、卵巣機能や甲状腺機能が低下するため、抜け毛が増える場合が20代や30代といった若い女性の間でも増えてきています。

治療の流れ

ドクター小池クリニックの女性育毛は、医師による発毛を目指した「治療」です。

症例紹介

30歳前後から薄くなり始めたと実感していた50代女性

Q&A

女性の薄毛の原因は何ですか?

加齢、ホルモンバランスの変化、ストレス、睡眠不足、栄養不足、血行不良、 皮膚疾患など女性の薄毛の原因は様々です。

女性の薄毛治療はどのようなことをするのですか?

当院では女性の体に極力負担をかけずに、薄毛の治療ができるよう、医薬品やサプリメントの処方と、専用シャンプーによる頭皮の改善を組み合わせた治療を行います。

副作用などはありますか?

額医薬品を一部処方する場合があります。 人によってはむくみが少し出る可能性があります。体調が悪い方、 持病をおもちの方は、処方が出来ないケースがあります。 まずは医師にご相談ください。

健康保険は使えますか?

頭髪に関する治療は保険適用外となりますので、健康保険は適用されず、 自費診療(自由診療)になります。

どれくらい効果がありますか?

効果には個人差がありますが、90%以上の患者様から「効果があった」というお声を頂いております。

カウンセリングだけでも大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。お悩みをうかがって、治療の相談を行っております。

治療を受けられるクリニックと料金

ちまたのクリニックでも月々2~3万円というところが多いですが、シャンプーやヘアケア用品などを組み込まれて、月5万円以上にされてしまうのが通常です。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, 予防医学, 美容

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.