アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

予防医学 小池コラム

【病気】は自然に起きるものだと思っている女性のアナタへ

更新日:

20代、30代の女性患者さん。

生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、貧血を訴える方がいます。

症状の軽いものを含めると、半数以上ではないでしょうか。

婦人科に行くと、

ホルモンバランスか崩れいています

臓器が腫れています

貧血がつよいです

生理をコントロールしましょう

ホルモン剤(ピル)を投与しましょう

と言われたりしませんか?

 

では、なぜ子宮内膜症になったんですか?

子宮筋腫になったんですか?

女性ホルモンが関わっている?

そうなんでしょうね。

 

溢れんばかりの女性ホルモンがあるということで、まさに、「女らしい女の勲章による病気」ですから、意外と納得?

病気の原因の原因を考えたことありますか?

【環境ホルモン】、【内分泌かく乱作用】とか、耳にしませんか?

今ちまたに溢れる【様々な毒】も耳にすることがありませんか?

 

  • 重金属
  • 活性酸素
  • トランス脂肪酸
  • カゼイン
  • グルテン
  • 糖質
  • 農薬
  • 環境ホルモン
  • アルコール
  • タバコ

詳細はこちら ↓

【毒】といってもいろいろ。あなたに溜まっている毒はなんですか?

毒物とは、生物の生命活動にとって不都合を起こす物質の総称。 日常に溢れる毒 重金属 活性酸素 トランス脂肪酸 カゼイン グルテン 糖質 農薬 環境ホルモン アルコール タバコ ある国家元首の兄弟の死亡 ...

続きを見る

それが即、原因とは言わなくても、体の不調に関わっている可能性は大きい。

今すぐ、食事の改善をして下さい。

 

なぜ、マーガリンは体に悪いのか?“栄養学後進国”ニッポンの危険すぎる食卓くらいは、一度読まれるといいでしょう。

 

毒の中でも【重金属】は、痛み無く、髪の毛、手のひらから検査できます。

毒が体内に蓄積されているかを判断する必要があります。

体内に毒が溜まっているのでは?と心配なあなたは早めに調べてみましょう。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.