アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学 小池コラム

アナタが【肥満】になる、親からうけついだ5つの負の遺産

更新日:

5種類の【肥満に関わる遺伝子】があると言われています。

1.高カロリー嗜好遺伝子

2.過食傾向遺伝子

3.内臓脂肪型(リンゴ型)

4.皮下脂肪型(洋なし型)

5.やせ型遺伝子(バナナ型)

1.高カロリー嗜好遺伝子

2.過食傾向遺伝子

この高カロリー思考遺伝子、過食傾向遺伝子が変異していると、高脂肪・高カロリーの食事ジャンクフードが大好きになります。

とうぜん太りやすく、やせにくいです。

3.内臓脂肪型(リンゴ型)ADRB3

糖質で太りやすい「内臓脂肪型肥満」の遺伝体質。

4.皮下脂肪型(洋なし型)UCP1

脂質で太りやすい傾向の「皮下脂肪型肥満」の遺伝体質。

5.やせ型遺伝子(バナナ型)ADRB2

「やせ型」だけど、たんぱく質で太りやすいく、一度太るとやせにくい遺伝体質。

遺伝子検査でこういうことが分かります。

油っこい、甘い、ジャンクフード、どれを好きになりやすいのか?

より多く取らないといけない栄養素は?

自分には余計太りやすい食べ物は?

自分に合った運動の方法は?

からだのどこに脂肪がつきやすいか?

基礎代謝はどれ位か?

 

遺伝が3割

生活習慣が7割

とか言われます。

 

アナタが太っているのはほぼ生活習慣です。

生活習慣は目に見えないから気づかないふりが出来ます。

とぼけていられます。

 

けど、遺伝子検査は目に見えるから、自分が肥満なのは【遺伝】のせいだとやさしい言い訳ができます。

 

自分に甘いのは、精神的にとてもいいことです。

ストレスが減ってストレス太りが減りますね。

検査を受けても、本当は何も変わりません。

 

でも、メンタルが改善してやせられるので、肥満遺伝子検査は受けた方がよいと思います。

最近ではインターネットでも、美容サロンなどでも、たくさんありますのでまず受けて下さい。

 

受けてみたけど「自分ではよくわからないから専門家の意見がほしい。」という方は、お問い合わせ下さい。

 

クリニックでも検査を受けつけています。

遺伝は一部で、生活習慣が犯人だろ!と気づいた肥満のアナタ

あるいは、肥満とまではいかないけど、数年前まではスマートだったアナタ

なぜ自分がデブなのか、全くわけ分からないけど、素直なアナタ

 

そういうお気持ちのある方々に、ふさわしい治療方法があります!

色々な毒がからだに蓄積して、代謝が悪くなっていることがあります。

【重金属】は、痛みなしで、髪の毛、手のひらから検査できます。自分の体のことを知って体質改善したい方だけお問い合わせください。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.