ケミカルピーリング

ニキビ・お肌

2021/7/25

【ケミカルピーリング】まとめ

ドクター小池から ピーリングで皮膚が薄くなると恐怖の方へ! Dr 小池では、なぜピーリングを受けてる小池の肌は、ペラペラではないのか?つまり、うすくペラペラにはなりません。 ピーリングはどこも同じとお考えの方へ! Dr 小池ただピーリング剤を塗って、水道で顔を洗って終わりではありませんか?ほとんどセルフピーリング・ピーリング剤の強さも1種類・効き目をだす前処置もしない・・・etc 安いだけのやっつけピーリング!がすき? Dr 小池実は、きちんとやると手間がかかります。「やっつけ」と割り切って受けるなら構い ...

ニキビ・お肌

2021/7/25

【ニキビ治療】まとめ

難治性ニキビとは ニキビ数日で治る軽度のものから、治るまでに数ヶ月以上、場合によっては1年以上もかかることもあります。 治療期間が長期に及ぶ重度の症状の中に、さらに治療が困難な状態を難治性ニキビと呼びます。 難治性ニキビとは、次々と化膿性のニキビが出来てしまう状態で、治っても同じ場所に炎症度合いの強いニキビが出来ます。 この難治性ニキビは自己ケアだけでは治りにくく、クレーターなどの跡になりやすく、色素沈着も長引きやすい傾向があります。 特に皮脂分泌が多く、角質が厚く皮膚が硬い肌質の場合に起こしやすいような ...

美容

2021/7/25

二の腕のぶつぶつ、その名も「毛孔性苔癬」

Dr 小池二の腕のぶつぶつ、その名も「毛孔性苔癬」 ネットで、二の腕 ぶつぶつ ブツブツ 赤い、などで検索すると、毛孔性苔癬というものだと分かるはずです。 毛孔性苔癬が軟膏、クリームでよくならない 子供の頃から、二の腕、ひじ下、足、背中に、赤いぶつぶつ(プツプツ)があるか、思春期ころに症状が出てきてた。 皮膚科に行ったら大人になったら治ると言われ、軟膏やクリームをもらったけど、大人になっても治らなかった。 似たような経験をされて、クリニックいらっしゃる患者さんが多いです。 毛孔性苔癬が治らない人の特徴 「 ...

ニキビ・お肌

2021/7/25

毛穴はなぜ良くならないのか?

毛穴・黒ずみ 年齢と共に開いてしまうことで皮脂や汚れが溜まって黒ずみ、たるみの原因となる毛穴。 毛穴や素肌のトラブルは、加齢によるたるみ、ストレスによる自律神経の乱れ、不規則な生活や睡眠不足、食生活の偏りなどめだ目立つようになります。 黒ずみ毛穴 毛穴に皮脂や汚れが溜まって、色素沈着を起こすことから、ポツポツと黒く目立ってしまう毛穴です。 角栓毛穴 お肌のターンオーバー(新陳代謝)から、剥がれ落ちた古い角層が皮脂と混ざり、毛穴を栓のように塞ぐことで目立ってしまう毛穴です。 たるみ毛穴 加齢により、コラーゲ ...

ニキビ・お肌

2021/7/25

【ボディピーリング】まとめ

ボディピーリング ボディピーリングは、お顔用と濃度を調整したピーリング剤を使用して、体の肌をきれいにする治療です。 ボディピーリングの部位 二の腕のピーリング 二の腕はザラつきや毛孔性苔癬、シミなどが発生しやすい部位です。 ボディピーリングで改善することができます。 背中のピーリング 背中は皮脂の分泌が多く、ニキビが発生しやすい部位です。 ニキビ跡の色素沈着や赤みも発生しやすい部位ですので、背中の開いたドレスや水着などを着られるときに気になる方も多いです。 下着(ブラ)の痕が色素沈着している方も多いですが ...

美容

2021/7/24

【二の腕のブツブツ】まとめ

冒頭 ニノキュア・ザラプロ・皮膚科の治療で、今を無駄にしてませんか? ニノキュアの特徴 有効成分(100g中) 尿素:20.0g 角質を柔らかくする トコフェロール酢酸エステル:0.5g 血行を促進し、患部の修復を促進 グリチルリチン酸モノアンモニウム:0.5g 炎症を抑える ザラプロの特徴 有効成分(1g中) 尿素:100mg 角質を柔らかくする グリチルリチン酸二カリウム:5mg 炎症を抑える トコフェロール酢酸エステル:5mg 血行を促進し、患部の修復を促進 皮膚科の治療の特徴 尿素軟膏やサリチル酸 ...

ニキビ・お肌

2021/7/24

凹凸クレーターになったニキビ跡を治す方法の種類と選び方

ニキビ跡を治す方法はたくさんあります。 ケミカルピーリング イオン導入 トレチノイン ハイドロキノン ダーマローラー レーザー ニキビ跡の種類も、ニキビ跡の状態も、値段も、回数も、期間も違うので、本当に何が適切か分からない人が多いわけです。 レーザーも1種類ではなく、いろいろな種類のレーザーがあります。 ひとつレーザーを選択しても、やり方も、出力の程度も、腕前も違います。 だから、あのレーザーがよかった悪かったという意見は、他人には当てはまりません。 たいして美肌でもない医師の診療を受けている患者さんがい ...

© 2021 小池ぶろぐ