アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

二の腕のぶつぶつ、その名も「毛孔性苔癬」

更新日:

二の腕のぶつぶつ、その名も「毛孔性苔癬」

 

ネットで、

二の腕 ぶつぶつ ブツブツ 赤い

などで検索すると、毛孔性苔癬というものだと発見する方がいます。

 

あるいは

子供の頃からあるか、思春期ころに出てきて
皮膚科に行ったら、大人になったら治ると言われ、
軟膏やクリームをもらったけど、大人になっても治らなかった。

という過去を皆さんお持ちで、クリニックいらっしゃいます。

 

あまりに、皆さん共通しているので、

「昔からあって、~」とお話しされた時点で、
「~と言われ治らなかったんですね?」と試しに言うと、
「そうです。」とだいたい返ってきます。

 

毛孔性苔癬という、二の腕のぶつぶつは、

毛穴のところの角質が盛り上がって、ふさがった毛穴の中で、毛が絡まっている状態です。

 

ケミカルピーリングとレーザー脱毛のセット

か、

フラクショナルレーザー

で治療します。

 

当院は、ケミカルピーリング、レーザー脱毛で治療します。

ケミカルピーリングで角質を落として、レーザー脱毛でからまった毛をなくします。

 

 

▶ 毛孔性苔癬について詳しくはこちら
▶ ケミカルピーリングについて詳しくはこちら
▶ レーザ脱毛について詳しくはこちら
Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.