アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

アンチエイジング 予防医学 小池コラム

【男性更年期】急に年齢を感じた男性のアナタへ

更新日:

男にもある更年期

女性だけでなく、男性にも更年期障害があります。

男性更年期障害は、別名「加齢男性性腺機能低下症候群」や「LOH症候群」と言われます。

どうやって男性更年期を診断・治療するの?

泌尿器科の場合

17個の症状にどの程度当てはまるか、男性ホルモンの値が低いかどうかなどで、診断するのがルールとされています。

大抵は泌尿器科を受診し、男性更年期と診断されれば、男性ホルモンの注射や、バイアグラなどで治療します。

ホルモンが足りない、勃起が弱いというだけが悩みなら、手っ取り早く泌尿器科にかかるとよいでしょう。

ドクター小池の場合

当院にいらっしゃる経営者やビジネスアスリートの方は、少なからず17個の症状のどれかに該当するでしょう。

そうなった原因は複雑なはずです。会社の業績が思わしくなかったら、心身ともに機能が低下します。

その結果、あなたの状況など分からない泌尿器を見る医師の手によって、男性更年期などと言われてよいのでしょうか?

私もみなさんと同じ立場として、安易に男性更年期などと呼ばれたくはありません。

アプローチ、治療法は一つではない

あなたが悩む17個の症状を治すアプローチが一つではないことは、私のHPを見て頂ければご理解頂けたはずです。

男性更年期障害(LOH症候群)チェック

  1. 総合的に調子が思わしくない(健康状態,本人自身の感じ方)
  2. 関節や筋肉の痛み(腰痛,関節痛,手足の痛み,背中の痛み)
  3. ひどい発汗(思いがけず突然汗が出る.緊張や運動とは関係なくほてる)
  4. 睡眠の悩み(寝つきが悪い,ぐっすり眠れない,寝起きが早く疲れがとれない,浅い睡眠,眠れない)
  5. よく眠くなる,しばしば疲れを感じる
  6. いらいらする(当たり散らす,些細なことに直ぐ腹を立てる,不機嫌になる)
  7. 神経質になった(緊張しやすい,精神的に落ち着かない,じっとしていられない)
  8. 不安感(パニック状態になる)
  9. からだの疲労や行動力の減退(全般的な行動力の低下,活動の減少,余暇活動に興味がない,達成感がない,自分をせかせないと何もしない)
  10. 筋力の低下
  11. 憂うつな気分(落ち込み,悲しみ,涙もろい,意欲がわかない,気分のむら,無用感)
  12. 「絶頂期は過ぎた」と感じる
  13. 力尽きた,どん底にいると感じる
  14. ひげの伸びが遅くなった
  15. 性的能力の衰え
  16. 早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
  17. 性欲の低下(セックスが楽しくない,性交の欲求がおきない)

こんな悩みがあったらきちんと対策を

よい未来を考えましょう

  1. 仕事に集中でき業績が上がった
  2. 人と会うのが楽しくなった
  3. 女性に求めに応じられる男になった
  4. 自分が明るくなり周りの雰囲気がよくなった
  5. パートナーとの関係が円滑になった
  6. 若々しくなったと言われた

ドクター小池が選ばれる理由

  1. 泌尿器科に行くのは抵抗があった
  2. 経営者やビジネスアスリートの立場を考えてくれる
  3. ホルモン注射に頼らない治療を提案してくれる
  4. 顔の若返り治療もできる
  5. 小池をみて、若く健康になれると思った
Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, 予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.