アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

予防医学 小池コラム

【慢性疲労】頑張りたいけど、頑張れないアナタへ

更新日:

日本人の3人に1人が疲労あり

厚生労働省の「疲労の実態調査と健康づくりのための疲労回復手法に関する研究」によると、慢性的な疲労を自覚している人が35.6%生活に何らかの支障をきたしている人が約5.2%(重篤な慢性疲労状態であるCFSの診断基準を満たす方は0.3%)と確認され、日本人口1億2千万人あたり、約4000万人以上の人が慢性的に疲労を感じています。

疲労の原因

トラウマや人間関係、仕事、家族、金銭、健康の不安などの精神的ストレス過労や睡眠不足、慢性的な炎症や感染症、アレルギーなどの肉体的ストレスそういう強いストレスが長時間続くと、免疫力が低下します。

そして体に潜んでいたウイルスが活性化すると、各種の免疫物質が作られ、脳に悪影響を与えると慢性的な疲労になるとされています。

なかなかとれない疲労と現実

なかなか取れないアナタの疲労は、体から来ているのでしょうか。

精神から来ているのでしょうか。あるいは、その両方ですか。休息をとれば、回復するケースもあります。

性格上、仕事を休めないために疲労が蓄積している人もいるでしょう。

疲労で病院に行く人の末路

原因不明の疲労は、内科だと診断できず休むようにしかいわれない。精神科だと、抗不安薬や、抗うつ薬を処方されるだけで、かえって元気がなくなることもあるかもしれません。

ドクター小池クリニックでは、体の疲労を検索する特殊な検査があります。また、体の機能をあげて、疲労に強い体質する治療もあります。疲労は放っておくと大病に発展するので、早めに解決することをおすすめします。

こんな悩みがあったらきちんと対策を

よい未来を考えましょう

  1. いままで続いていた疲労が回復した。
  2. いままで治療をうけてもモヤモヤしていたのがスッキリした。
  3. 新しいチャレンジができるようになった
  4. 元気になって発想がよくなった
  5. 体力を取り戻し、自信も取り戻した
  6. 元気になったら、仕事がもっとできた
  7. 人前に出ていけるようになった
  8. 体体のが元気になり、心に余裕ができた力を取り戻し、自信も取り戻した

ドクター小池クリニックが選ばれる理由

  1. いままでかかっていた内科とは違う検査をしてくれた
  2. 疲労回復のための積極的な治療をしてくれる
  3. 精神的な面もフォローしてくれた
Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.