【アンチエイジング専門外来】とは|健康と若返りが目的の医療

あなたは、アンチエイジング医療をご存知ですか?

「アンチ(抗)エイジング(加齢・老化)」を意味します。

私がこの分野を専門としているのは、先程お伝えした「医者であるのに医者の仕事が好きになれなかった」という理由からです。

話は15年ほど前に遡ります。
医学生時代、大学病院でたくさんの患者さんをみてきました。
もうほんとに沢山の。

大学病院に行かれた方はご存知かもしれませんが、本当に沢山の苦しんでいる患者さんが「毎日毎日ものすごい人数」来院するわけです。

私の性格上、日々患者さんと過ごしていると気持ちが同調してしまいます。
そう、自分が苦しくなるという…。
ある意味、医者としては不合格ラインかもしれませんね。

  • 「若くして亡くなる人」
  • 「治らず苦しみや痛みが続く人」
  • 「太って病気になる人」
  • 「年齢よりも体が弱く老け込む人」

想像を絶するほどの様々な症状の患者さんが来るので、自分を保つのに精一杯でした。

私の担当は重症の患者さんでしたので「同じような病気に絶対になりたくない!」
その気持ちが深く生まれたのは、ある意味当たり前かもしれません。

アンチエイジング専門外来|精神と外見と内面

アンチエイジング専門外来という言葉は、イメージだけで本質は何も分からない。それを解説するため。

アンチエイジング専門外来は、【健康と若返り】を目的にします。

下記の図を見てましょう。

健康、若返りの医療は『精神』『外見』『内面』この3つをバランスよく整えていくことがポイントです。

ストレスで精神が弱っている

ストレスで眠れないなどの症状があるとホルモンバランスは崩れます。
外見は顔色が悪くなります。しわやシミが増えたりします。
内面は代謝が悪くなります。太りやすくなったり、疲れがたまりやすくなります。

ストレスが原因の体の不調を治したい|ストレスチェックリスト

現代社会はストレスが多い。 毎日ストレスと戦っている人がいっぱいいる。しかし日本はストレスに対して対策をしていない。 ストレスで体調が悪くなっても、自己責任。弱いからだと言われてしまう。 体を壊してし ...

続きを見る

栄養のバランスが悪くて内面(内臓)の機能が弱っている

ミネラル、ビタミン不足で、精神状態も崩れます。
肝臓が相当に悪いと、目や皮膚が黄色くなります。
骨は折れやすく、肌は黒ずみ、弾力もありません。
シミや白髪が増えていきます。

食事でよく聞かれる質問「何を食べたらいいですか?」

食事のことを、何の心がけもなく質問すると死んでしまいますよ。 そして、こういう質問をする方にはシンプルな答えを用意するので、そこから始めるといいと思います。 「何を食べたらいいですか?」 よく聞かれる ...

続きを見る

しわやシミが目立つ。お腹が出ているなどの外見の老化

それは、精神や内面から来ていませんか?
外見上の老化が、精神的な負担になっていませんか?
精神的な負担が、体の不調を招いていませんか?

見た目が若々しいのに、内臓がヨボヨボな人はいません。

内臓の機能が若くて健康であれば、見た目も若く見えます。

精神も内面も健康に保つことが本来のアンチエイジングです。見た目だけを若返らせようとしてもなかなか効果が現れないのはこれが原因ではないでしょうか?

アンチエイジングとは?

アンチエイジング医療

『見た目も若々しく、元気があふれ精神的にも安定している』

こういう状態にするのが、健康と若返りの医療です。

そのための専門科が、アンチエイジング専門外来です。

三つがつながっているから、本当は何が必要か見極めて適切な治療をしていくことが大事です。

これさえやれば健康
これさえやれば若返る
『これさえやれば』では健康になりません。

かといって、こだわりが強くてバランスが悪い人も健康になりません。

見た目が若いと長生き

双子の見た目の若さと寿命について、デンマークでの研究報告があります。

同じDNAを持つ双子ですが、環境により見た目も寿命も変化するというのです。

毎日の過ごし方や環境によって、外見も内面も精神に与える影響が大きいことがわかります。

精神、内面、外見を全体的にみて整えていくことがアンチエイジング医療です。

参照 

正しい知識を持ちましょう。

アンチエイジング医療を受ける時はトータルで考えてくれるクリニックを選びましょう。

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-アンチエイジング, 予防医学, 小池コラム, 美容

© 2020 小池ぶろぐ