食事でよく聞かれる質問「何を食べたらいいですか?」

食事のことを、何の心がけもなく質問すると死んでしまいますよ。

そして、こういう質問をする方にはシンプルな答えを用意するので、そこから始めるといいと思います。

「何を食べたらいいですか?」

よく聞かれる。

「私は、何をしたらいいですか?」

「私は、誰と結婚したらいいですか?」

「私は、いつ死んだらいいですか?」

「私は、何を着たらいいですか?」

・・・永遠に続く

こいうい質問に似ている。

どうしたい?どうなりたい?が先ですよ。

では、何を食べたらいいか正解は

滋養強壮に富み、皇帝も愛した宮廷料理を毎日食べましょう。

1テーブル100万円位するかもしれませんが、家族で食べれば頭割りできてリーズナブルですね。

すこし高いかもしれませんが、元気になってその分働けば十分払える金額だと思います。

これがパーフェクトな食事ですから、低糖だの、穀菜食だの、和食だの、ビーガンだの、マクロビだのゴチャゴチャ考えなくて済みます。

 

そもそも世の中の権威もどきは、簡単な言葉で極端なことを言えば、頭の鈍い人が簡単に洗脳されることを知っています。

 

アナタを良くしたいのではなく、洗脳して商品を売ったり、本を売ったり、サービスを売ったりして、権威もどき自身が有名になって良くなりたいんです。

 

その証拠をお見せしましょう。

というか証拠いるか?

何でも言い切っている権威もどきの顔って、見るからに悪人面じゃないですか。

さて、とりあえずの簡単な答えです。

その前に一応注釈いれますが、アナタが理想の食事に向かって歩んでいくでしょうから、とりあえず靴べらだしただけですからね。

両手の手のひらにのるだけの、野菜

片手の手のひらサイズの、肉、魚

握り拳さいずの、ご飯

足りない場合は、それぞれ倍で。

食べ過ぎになる場合は、野菜、肉、ご飯の順で増やす。ただそれだけを心がけてください。

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ