ノーベル賞博士が教える|末期癌患者の方が5倍長生きする高濃度ビタミン補給

日本ではあまり知られていませんが、高濃度のビタミンCを点滴することで癌患者さんの寿命を伸ばす治療があります。
サプリメントをたくさん飲むだけでは高濃度にならないため、点滴でビタミンCを補給します。

ビタミンCですので、副作用がなく癌患者だけでなく、原因不明と言われている病気などの治療にも使われています。

末期がん患者が長生き!?

ノーベル賞を2回受賞しているライナス・ポーリング博士は言いました。

末期進行癌の患者200人に点滴とサプリメントでビタミンCを投与すると、投与していなかった末期癌患者より4.2倍から6倍長生きする。」と発表しています。

この点滴こそが、高濃度ビタミンC点滴なのです。

知っていましたか?

日本では、病気になってから治療を行う保険診療の情報しか知らない人が9割なので、知らない人が多いかもしれません。
それを教える医者もあまりいません。メディアも言いません。

一度の点滴で15g、25g、50g、75g、100gとビタミンCを投与していきます。
レモン1個のビタミンCは20mg(0.02g)

レモン750個から5000個分を一定時間で点滴していきます。
食品で食べられる量でも、サプリメントだけで補給できる量でもありません。

癌治療に高濃度ビタミンC点滴を取り入れる場合は症状や状態により週に数回。
癌予防やその他の治療で行う場合は月に1回から状態にあわせておこないます。

高濃度ビタミンC点滴|リスクなく体調を助ける|自律神経にも効果

ノーベル賞受賞者ライナス・ポーリング博士のビタミンCによる癌治療「高濃度ビタミンC点滴療法」 リスクがない治療法ですがあまり知られていないのが残念です。 高濃度ビタミンC点滴 がん治療を補完するための ...

続きを見る

癌って何でしょう?

医学がいくら進んでも、死因の一位は癌です。

  • 癌もどきがあるという先生
  • 末期癌は治るという先生
  • 手術、抗がん剤、放射線だけが、癌には有効という先生

いろいろな先生が語ってはいるのですが、今ひとつ理解しにくいですよね?

一言で、がんを理解をするのは難しいです。どうして癌になるのでしょうか?

ひとまず、「色んな悪い原因が運悪く重なった」というように考えるのは、どうでしょうか?

とにかく、がんが心配|ガン家系だと思う|癌予防は出来るのか?

そもそも癌ってどんな病気? 腫瘍(しゅよう、Tumor)とは、組織、細胞が生体内の制御に反して自律的に過剰に増殖することによってできる組織塊のこと。 悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignan ...

続きを見る

ドクター小池はこう考える

癌や病気は治療より予防が大切だと考えています。
早期発見早期治療ではなく、早期予防ではないでしょうか?
生活習慣病から癌になることを知らない人が多くいます。予防できるのに予防しないで苦しむ人たちをみる医療に疑問を感じています。

ドクター小池のクリニックでは、癌患者さんの対応していません。

主治医の先生がいる人は、良くも悪くも指示には従って下さい。

一通り治療が終わって、今後はがんが起きにくい体にしたい、あるいは、今治療中でも前向きに高濃度ビタミンCの点滴を併用したい。

そういう場合は、お問い合わせいただいても構いません。

自信を取りもどして、よりよく生きたい。

そういうお気持ちがあればよいと思います。

【いびつな医療】ドクター小池が医療を嫌いになった理由

病気になった人を治す。 これが現代医学、日本の医師に求められる仕事です。 病気にならないためにできることがたくさんあります。しかし、病気になってからが医師の仕事。 病気になって苦しんでからでないと人を ...

続きを見る

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ