アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

牛乳がカラダに悪い5つの理由【疲れにくいカラダを作る豆知識】

Dr 小池
牛乳が好きなら飲んだらいいと思う。学校の給食で出るなら、反発するのも面倒なので飲んだらいいと思う。乳製品は、チーズやケーキ、洋食に何でも入って美味しいから、食べたらいいと思う。しかし、牛乳が好きなら、牛乳の黒歴史みたいな話も学びましょう。

「ご飯を食べると馬鹿になる」と言った慶應大学の教授がいます。「かわりにパンを食べよう」と。こういう人って大学の恥?日本の恥?林家の恥?中傷はよくないので、結論は英雄ということで。

ビジネスアスリートなら、「牛乳がカラダに悪い」と聞いたこともあるでしょう。

牛乳が日本で広められた歴史も知っていますか?

「それでも、オレは牛乳は摂るけどね。」と、硬軟おりまぜたナイスガイのアナタに。

牛乳がカラダに悪い5つの理由

  1. 骨折のリスクを高める
  2. ガンのリスクを高める
  3. アレルギーの原因
  4. 心臓病や脳卒中の原因
  5. 自閉症や発達障害の原因

牛乳が日本で流行った歴史について

よく言われることですが、牛乳は戦後の占領政策でアメリカが持ち込まれました。

  1. アメリカで牛乳あまり。日本に、牛や飼料など、いろいろ買わせる。
  2. 日本人の弱体化は、後でも触れますが、「牛乳の害で日本人を弱体化しよう」という思惑があったとも言われています。
  3. 「ご飯を食べると馬鹿になる」運動昭和33年に、慶應義塾大学医学部生理学教授の林髞(はやしたかし)氏が『頭脳』という本を出しました。

この時代に

  • 「ご飯を食べると馬鹿になる。」
  • 「ご飯を減らしてパンを食べよう」
  • 「味噌汁よりも牛乳がよい」

という啓蒙運動があったわけです。

牛乳がカラダに悪い理由について

骨折のリスクを高める

五大医学誌の一つ「BMJ」のオンライン版で「牛乳を1日3杯以上飲む人は、全死亡率と骨折発生率が上昇する」という結果が報告されました。

牛乳はカルシウムが多く、吸収もよいといわれます。血管の中のカルシウムは厳密に濃度が決まっているので、急に上がると排泄に回ります。すると、反動で濃度が低くなると、今度は骨を溶かしてあげようとします。

なんだか、悪循環ですね。

ガンのリスクを高める

YouTubeで「牛乳は飲んではいけない」など調べましょう。ホルモン漬け、抗生剤漬けで育てられて、劣悪な環境が見られます。

アレルギーの原因

牛乳飲むとお腹こわす。これは、乳糖を分解できないため。ラクトースという酵素が足りない人がいます。腸が荒れているところに、カゼインというタンパク質が悪さします。

カゼインはニカワのように粘り気があり、弱った腸壁を荒らしてすり抜け、血管内に入り異物とみなされアレルギー反応を起こします。

心臓病や脳卒中の原因

殺菌処理で、牛乳の脂肪酸が酸化します。過酸化脂質というものになって、動脈硬化の原因になります。

自閉症や発達障害の原因

オピオイド様物質の働きで脳に障害を起こします。オピオイドとはアヘン類縁物質で、麻薬などに使われます。

オピオイドもどきの作用が今の子供達に作用しているし、大人にもよい影響がありません。こう言われていることを分かった上で、牛乳や牛乳を使った食べ物を美味しい!と思って飲食するなら、きっと健康に良いはずです。

私はそうしています。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.