よく噛むだけでパフォーマンスをあがる8つの理由【疲れにくいカラダを作る豆知識】

食事を『よく噛む』にフォーカスした標語

「ひみこの歯がいーぜ」

子供向けの標語ですが、

自分を大切にする人に全員あてはまることです。

よく噛むことで得られるメリット

  1. ひ 肥満を防ぐ
  2. み 味覚の発達
  3. こ 言葉の発音がはっきり
  4. の 脳の発達
  5. は 歯の病気を防ぐ
  6. が がんを防ぐ
  7. い 胃腸の働きを促進する
  8. ぜ 全身の体力向上と全力投球

よく噛むだけでこんな効果が!

  • プレゼンテーションもよくなります。
  • 歯もきれいに見られます。
  • 味の違いが分かる男になります。
  • 頭の回転が速くなります。
  • スマートになります。
  • 健康でエネルギッシュになります。

よく噛むことは、「よく栄養をカラダに取り入れること」「全身を活性化させること」につながるのです。

昔の人のアゴの骨が発達してことから、噛む回数も多かったと考えられています。

 

卑弥呼にからめた標語は良いですね。

よく噛むことがいい8つの理由

1,ひ 肥満を防ぐ

よく噛むと、脳にある満腹中枢が働いて、満腹を感じます。

逆に、早食いは食べ過ぎになります。

よく噛むことは食べ過ぎ防止やダイエットにつながるのです。

2,み 味覚の発達

よく噛むことで、食べもの本来の味がわかります。

食材そのものの持ち味を味わいましょう。

食事を楽しむ。流し込んではせっかくの美味しいお料理ももったいない。

3,こ 言葉の発音がはっきり

よく噛むことで、口のまわりの筋肉を使うので、言葉かハッキリします。

4,の 脳の発達

よく噛む運動は脳細胞の動きを活発化します。

認知症の予防にも役立ちます。

5,は 歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て、この唾液の働きが、 細菌感染、虫歯や歯周病を防ぎます。

6,が がんを防ぐ

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の発がん作用を押さえる働きがあるといわれ、「ひと口で30回以上噛む」ことがすすめられています。

7,い 胃腸の働きを促進する

よく噛むと消化酵素がたくさん出ます。

食べものがきちんと咀嚼されないと、消化酵素は少なくなり、食べ物は大きい塊のままで胃腸に負担がかかります。

8,ぜ 全身の体力向上と全力投球

ぐっと力を入れて噛みしめたいときに、歯が丈夫でないと力が込められません。

だからといって、夜間かみしめで歯を酷使している人は例外です。

マウスピースでよくならない歯ぎしり、かみしめもあります。

その場合は、ビジネスアスリートのための治療があります。

歯ぎしりやかみしめは放置するとパフォーマンスが落ちるだけでなく、病気の原因にもなるので注意が必要です。

【歯ぎしりや噛みしめの原因と対策】マウスピースも効果がない場合はボトックス治療が有効【動画付き】

歯ぎしりや噛みしめで、歯が欠ける、歯茎が腫れる、首がこる、よく眠れない。 歯ぎしりや噛みしめにボトックス治療が有効なのをご存知ですか? 歯ぎしり|噛みしめ|くいしばりを我慢していませんか? 私も噛みし ...

続きを見る

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学

© 2020 小池ぶろぐ