アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【ニキビ】のある顔はビジネスマンにはマイナス、ニキビが治らない5つの原因

更新日:

ニキビのある肌は

人からよく見られません。

本人もイヤですよね。

 

しかし、

皮膚科のお薬や

ニキビ化粧品プロアクティブなどを使って、

ダメならあきらめている人が大半です。

 

大人になれば治ると言われて、

クレーターにしてしまって

あきらめている人もいます。

 

ニキビは

毛穴の炎症、感染で腫れ上がります。

 

放置すると大きくなり、治っても

クレーターや黒ずみになります。

 

ニキビのできる具体的な原因

1,毛穴がつまっている

2,皮脂が多い

3,ニキビ菌が炎症を起こす

保険診療 皮膚科の治療

だから、皮膚科のお薬は

1,皮膚を剥いて毛穴の状態を治す薬

2,皮脂を押さえるビタミン剤

3,ばい菌を押さえる抗生剤

が基本になります。

ニキビが治らない原因

なぜニキビができやすくなるのでしょう。

そうなってしまう原因は

1,睡眠不足

2,ストレス

3,乱れた食習慣

4,ホルモンバランスの乱れ

5,間違ったスキンケア

 

1,睡眠不足

皮膚の再生、新陳代謝が乱れます。

2,ストレス

他の原因の原因になります。

3,乱れた食習慣

皮脂の分泌や、 皮脂の酸化を招きます。

4,ホルモンバランスの乱れ

これも皮脂の分泌に関係します。

ホルモンバランスが崩れるような

体の不調そのものが問題です。

5,間違ったスキンケア

洗いすぎで皮膚はカサカサ。

皮膚にあまりよくないクリームの利用。

ヒゲ剃りで、毎日肌にダメージ

 

皮膚科でもらった

ディフェリン、ベピオゲル、デュアック

のお薬を使っても一時的な人

プロアクティブでは十分改善しない人は、

それぞれの原因があるので、

「ただお薬を出すだけではないクリニック」

に一度相談しましょう。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.