アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

小池が考える【素晴らしい女性】ワサビ女と【ストレス対策】

更新日:

小池の出会ったストレスを人に与える人。

【ワサビの女性】

大学時代に新入生歓迎会があちこちで行われる。

いくつか参加して雰囲気を見て、入部を決める感じ。

あるいは、先輩にくどかれてうっかり入部しちゃう感じ。

 

そんな小池の大学生時代とある部活のテーブルで、

先輩男性(医学部)とその彼女(看護学部)がいた。

 

女「私きれい?」

小池「?」

女「だから、私キレイ?」

 

何らかの精神疾患か?白雪姫に出てくるおきさき?

キレイだったら、聞かれなくても言葉や態度で出しますが?

そもそも、キレイかどうかは主観もありますし。

そして、ひねり出した答えが・・・

 

小池「このシチュエーションだと、キレイ以外の答えの選択肢はないかと。」

 

芸能人の○○みたいでキレイです。

もし、先輩みたいにキレイな女性がまわりにいたらぜひ紹介して下さい。

くらい言うといいのか?

 

女「何コイツ、むかつく。これ食え」

 

これとは、寿司にワサビをさらにてんこ盛りで足されたもの

食べると・・・

安物わさび?あまり辛くない(笑)

 

こいつ、自分で寿司食べてないんだろきっと。

あるいはワサビに弱くて、相手も効くと思った?

 

小池「・・・(涙目風)」

女「どう?」

小池「はい、辛いです(ウソだけど)」

いじめ、対人ストレス、自殺対策強化月間

そもそも先輩男性も、

誰がなんと言おうとお前はキレイだよ。

新入生ごときにお前の良さは伝わらないよ。

まあまあ、落ち着いて。

と言おうともしない。ショボい。

 

だから、こんな女が彼女なんだなー。

(この時点でも、寿司からくて飲み込めません風で、口はモグモグ)

いっそのこと、ピシャッとはき出して大惨事にしてみるのも一興だった?

 

無事、看護師になったのかなー?

今も病棟の患者さんに、「私キレイ?」ときいて、

満足な答えがないと、こっそり食事にワサビか何かを盛るのかな?

 

おじいちゃん、おばあちゃんから見たら、

孫みたいな年の人は全員かわいく見えるらしい。

(小池が犬を見ると、一通りかわいく見えるのと一緒だと思う。)

 

誰にでも、ふと思い出すと、むかつく、

過去にイヤだった経験の相手がいるとおもう。

 

 

考え込むとストレスはどんどん増強されるので、

ストレスとうまくつきあう方法、

ストレスを発散する方法をみつける必要がある。

 

クリニックでは小池自身に、

ストレスで消耗する栄養の補給をする。

 

リラックスできる栄養を補給し、

専門家をつけて

メンタルコンディションをチェック。

 

気持ちのぶれを少なくする事がポイントになる。

 

精神的に破綻している医師は多いので、気をつけている。

 

ストレスが病気の原因になると言うことをわかっていても

なかなかケアする医師も少ない。

 

なぜこんな話をしたかというと・・・

毎年3月は自殺対策強化月間。

 

人間関係のストレスが一番多い悩みだから。

厚生労働省 自殺対策強化月間

厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/jisatsu/

 

自殺統計 約2~3万人 *1

交通事故 約4000人  *2

殺人 約1000人    *3

 

殺人、交通事故を合わせた数倍の、自殺者がいる現代。

 

*1 厚生労働省自殺対策推進室

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/201712-zantei.pdf

*2 平 成 2 9 年 中 の 交 通 事 故 死 者 数 に つ い て 交 通 局 交 通 企 画 課

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000031659817&fileKind=2

*3 犯 罪 統 計 資 料

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000031672741&fileKind=2

 

ストレス=自殺ではないけれど、

過度のストレスが心や体に影響するのは当然。

 

ストレスは健康を害するどころか、自殺にまで発展する。

交通事故死の5倍以上の人が自殺してしまう現代のストレス対策は必須。

 

どうストレス対策を行うか?をこの機会に考えてほしい。

 

(わさび女の件もこうしてブログのネタにしたら、すっきりした。)

 

すこしでも、心や体のことについて真面目に考えたいけれど、

いま行っている病院や会社で、メタンルヘルスが不十分な方、

ブログでなにかピンと来た方、気づきのあった方、

病気になりたくない、元気でいたい方

情報を集めたいと思う方はLINE@で続きを見られます。

ドクター小池クリニックのLINE@登録はこちら↓

LINE@お友達登録

「Dr.小池クリニック」と検索して頂いてもご登録頂けます。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.