アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

予防医学 小池コラム

【花粉症注射】は効き過ぎて恐ろしい?危ない注射のお話。

更新日:

花粉症注射なるものがある。

だいたいは、飲み薬、目薬、点鼻薬。それで治まるなら、それでいいと思う。

 

それでおさまらない人は、頭が重い、熱が出る、目が腫れる、顔が腫れるなど、とても仕事や日常生活がおくれないというレベル。

その方たちに、有効なのが、通称「花粉症注射」

 

花粉症注射といっても、中身は本当にまちまち。

和食といっても、寿司、天ぷら、すき焼き、鉄板焼きがあるのと同じように花粉症注射にも種類がある。

花粉症注射の中身の違いも分からず、花粉症注射を語る愚か者がいる。

 

ちなみにケナコルトという花粉症注射を説明する。

 

ケナコルトに否定的な医師が多い。

ケナコルト注射を希望しても、断られた患者も多い。

医師も患者も愚かである。

 

そもそも、否定をしている医者はケナコルト注射を何人に打った?

そうして、どのような問題が起きた?

飲み薬、目薬、点鼻薬でも花粉症で通常に生活するのも苦しい人間に、選択肢は我慢以外にあるのか?

 

これに答えられない医者が愚かである。

その愚かな医者の患者も、愚かである。

 

もう一つ言おう。

実は、気づいている医師もいる。この注射はけっこいういい、と。

 

でも、大きな病院だと周りの医者の目があるからできない。

 

小さな病院だと、これだけ長いブログの説明をしてまで、注射をしてあげるメリットがない。

下手に注射をすると、注射のあとが残るリスクもある。

 

だったら、杓子定規にテンプレ処方が、診察としてコスパがいい。

そんな事も知らずに、ふらっと医者に打診している患者が愚かだ。

 

飲み薬、目薬、点鼻薬で改善されない方が、適正な費用と診察時間のもとで、自分の状況と最善の方法を探しに来院する。

花粉症注射が怖いと言われる理由

別に制限を設けていないが、だいたいが経営者、あるいはその紹介の方。

花粉症で毎日を無駄に出来ない方や自分の体調とパフォーマンスが仕事に大きく関係している方が多い。

 

そのような方々の共通点。

いい情報は、友人、知人で共有する。

いい情報をもっていなくても、なぜか調べて行きつく。

いっぱい人を見ているし、いっぱい買い物して、良し悪しを見ているからだと思う。

 

自分の時給とか、社員や家族の人生を考えると、必死になって自分の健康を維持するための情報を探す努力をしている。

違うもの、いいものを。

 

じつは、ご多分に漏れず、花粉症注射に対して小池も愚かな医者と同じ考えをしていた。

【花粉症注射】ケナコルト注射って何?

花粉症の症状を抑えるのに効果的な、ケナコルト注射について色々うわさがあります。体験談をお話します。  ケナコルト注射との出会い 10年以上前、私の上司が花粉症が苦しく、ケナコルト注射を打ちました。 花 ...

続きを見る

自分が、通り一遍の治療を受けても、花粉症が辛かった経験がある。

花粉症注射は知っていたが、拒否していた。

花粉症がとてもひどく、ずっとコショウをふりかけられているような状態があった。

もうどうなってもいいと、しょうがなく、注射をうった。

 

すると・・・、当日からピタッと症状がおさまった。

 

体がボロボロになるかのように言われている副作用は・・・

「ぜんぜん、ねーじゃんか、時間返せ。」と思ったぐらいだ。

 

頭が重い、熱が出る、目が腫れる、顔が腫れる

とても仕事や日常生活がおくれないというレベルのあなたは、一度花粉症注射という治療法を選択肢にいれるといい。

 

もちろん、花粉症注射を打たないで済ませる体質改善が一番。

症状を抑えておしまい、というのはもったいない。

花粉症の症状がおさまっている間に、体質改善をするのがベターな選択。

 

医者をけなしていますが、分かっている医師は多い。

細かいことを説明をする環境も、理解できる患者もいない。

 

薬をいっぱい出してくれる医者がいい。

検査をいっぱいしてくれる医者がいい。という風潮。

保険診療内での時間枠では、なかなか本質の話まで出来ない。

 

このブログのようなことを知りたかったら、そういう医師と友達になるのをおすすめする。

また、そういうクリニックをみつけて行くしかない。

【花粉症治療・花粉症注射】まとめ

花粉症で生活も仕事も、まともにできない人がいる。良い方法があっても、無知なので知らない。もし知ったとしても、無知だから受ける事を怖がる。困っていても成り立つ生活なのだから、受けないことも正解だ。しかし ...

続きを見る

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.