アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学 小池コラム

【ドクター小池】アンチエイジングドックに行く 結果は・・・

更新日:

自分がドクターでも他のドクターによる視点が大切です。

そこで

アンチエイジングドックに行ってきました。

体組成、筋量、骨密度、血管年齢など。

ムキムキゴリマッチョではないけど、問題なし。

採血は100項目以上調べました。

こちらも満点、、、ではなかった。

その一つが、ビタミンD

ビタミンDは紫外線にあたると皮膚でつくられるビタミンです。

 

ビタミンDは骨の健康に大切ですが、免疫力アップ、動脈硬化予防のほか、がんや糖尿病、認知症の予防など、全身の健康維持のために欠かせない栄養素であると言われています。

 

免疫機能アップの例として、ビタミンDのサプリメントを服用することでインフルエンザにかかる率が下がることがいろいろなデータで分かっています。

免疫機能があがり、ウイルスに対して予防効果が出た訳です。

同様に、乳がんや前立腺がん、大腸がんなど特定のがんに対する予防効果もわかってきました。

アメリカ国立がん研究所が行った試験では、ビタミンDを摂取するとがんの発症リスクを下げられることが報告されています。

必要なビタミンDをどのように補充したらいいのでしょうか?

 

それについてはこちら

骨を強くし、免疫力を高めるビタミンDを効率よく補給する3つの方法

夏でも長袖で紫外線から肌を守り、アンチエイジング対策をしているのでビタミンD不足。

食事とサプリメントで補給して、数ヶ月後また検査してみます。

 

自分の体のビタミンDの量を知りたい方はLINE@からお問い合わせ下さい。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.