なぜ保険が使えない治療があるのか?保険診療の制度を理解しましょう!

よく、保険は使えますか?と聞かれる。

保険診療と自費診療の違い、国民皆保険制度を理解して上手に医療機関を利用してください。

保険証は使えますか?

保険診療は国が定めている

保険診療は、健康保険が適用になる一般的な治療のことをいいます。

どこの病院に行っても、同じような診断、同じような治療を受けているそれらが保険診療です。

法律で決まった内容以外のことは、保険診療が適応されません。

保険診療ができない代表例

  • インプラント
  • 歯科矯正
  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 美容外科

これらは理解できると思います。

保険と自費の区別がつきにくいものがある

同じ治療薬、治療法なのに、保険が使える場合と保険診療外になってしまう場合があるのでわかりにくい。

プラセンタの例

  • 慢性肝疾患における肝機能の改善
  • 更年期障害
  • 乳汁分泌不全

プラセンタが保険診療でできるのは、医師が患者をこのような病気と診断して、プラセンタ治療がよいと判断し、保険診療の範囲にとどめるときです。1回に5本注射した方が効果的だからといって、多くは打ってはいけない。

プラセンタ注射(ラエンネック・メルスモン)まとめ!効果や副作用等

プラセンタ注射(ラエンネック・メルスモン)の効果や副作用などについてまとめた記事です。

続きを見る

この記事で、プラセンタは多くの症状に効くことが分かります。

若いうちから永遠の若さを保ちたいから、プラセンタ注射を保険でやってほしい。これはNGです。

医療費は誰が払っているか知っていますか?

  1. 国や都道府県、市町村
    これらは税金です
  2. 保険組合
    アナタが払っている、あるいは徴収されている保険料です
  3. 自分の財布
    アナタが病院窓口で払っている分です

「私はいくらかかっても構わないから保険がいいの。」という方がたまにいます。

違うから!ほかの人が払った税金をその分つかっているんですよ。

不正な医者と親切な医者の違い

プラセンタの例でいうと、ただお肌をぷりぷりにしたいだけの患者に、「更年期障害でもないのに更年期障害の診断」をして不正に保険で治療をおこなう医師がいます。

いろいろな患者や医師、いろいろな情報やガセネタがあって、保険診療の意味が分からなくなっている人が増えています。

アトピー性皮膚炎などに処方する保湿剤でも、不正に保険で処方をしてもらい転売までする人がいます。

【ヒルドイド】という保湿剤を美容クリームがわり使ったせいで塗り薬が高くなりました

ヒルドイドという保湿剤があります。 乾燥したり、かゆかったり、カサカサしているときに、処方されます。   小児科では子供が処方されるのですが、医療費がタダ(変わりに自治体が負担しているんだろ ...

続きを見る

自費診療の必要性

医療費には限りがあります。今すぐ治療が必要な病気や怪我、痛くてつらい人に優先して使われるのです。

  • ムダ毛をへらしい
  • 若返りをしたい
  • お酒に強くなりたい
  • シミを消したい
  • 病気を寄せ付けない丈夫な体になりたい
  • ボケないように状態を維持したい
  • 癌予防をしたい
  • 疲れを取りたい
  • 肌を白くしたい

こういったものは自分のお金でやってください、というのが世の中のルールなのです。

病気の予防には保険が使えないのです。

自費診療のほとんどはよりよい生活を維持するためのものです。

病気になってから、慌てないための医療が多くあります。

よい治療であっても保険にならない

痛くてつらい、病気が治らない、そのためにすごく効く治療があったとします。

それでも、ルールを決める人々や機関が認めなかったら、保険診療にはなりません。

保険診療だから安心というルールではありません。

保険制度を理解して使い分けるには?

保険診療はある意味で良いですが、ある意味で融通が効きません。保険診療以外の治療を受けることが好ましい人も大勢います。

多くの人が保険診療以外の医療のことを知りません。保険診療ではどこの病院に行っても、ほぼ同じ治療が行われます。

保険診療ではガイドラインがあり、治療方法、処方する薬が決められているからです。

しかし多くの人が保険診療の制度や仕組みを知らず、自費診療の違いが分からずに自分ための医療を見つけることができずにいます。

かかりつけ医が教えてくれないから?

当たり前です。保険診療の医療機関で、自費診療をする訳にはいきません。

また、保険診療の医療を中心にトレーニングした医師で、自費診療のことまで精通している人は多くありません。

問題なのは自費診療をおこなう医師?

さらにいうと、保険診療はルールが明確なので、基本ルールブック通りにおこなわれます。

誰でも同じ医療が受けられるとは誰でも同じ医療しか受けられないということです。

自費診療はルールを守りつつ、さらに進んだことをおこなえます。

しかし、ルールを無視したり、金儲け主義だけの医師や病院があるのも事実です。だから、自費診療がネガティブになるのです。

適切な医療を受けられるかは人間関係と情報

保険診療では対応できない、すばらしい自費診療を提供している医師や病院、クリニックは少ないですけど、それなりにあります。

知り合いや紹介だけを診療しているクリニックがほとんどです。

  • 必要があれば自費診療を紹介してくれるかかりつけ医
  • よい自費診療を提供してくる医師
  • 上記を紹介してくれる友人・知人
  • たまたま、どこかで情報を入手できた

情報が溢れているのに、必要な情報にたどり着けない人がたくさんいます。

健康医療情報収集し、精査できる知識を身に付けるかで健康寿命が変わってくる時代です。

Dr 小池
どのような方でもご自愛くださることが、ドクター小池の願いです^^

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ