アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【治療のゴール】も分からず、薬を飲み続ける幸せなアナタへ

更新日:

よく、医者から処方された薬を長年飲んでいる人がいる。

「何でずっと飲んでいるんですか?」と聞くと

「とりあえず」

「なんとなく」」

「出されているから」

などと、言う。

例えば、育毛のお薬。

「何で飲んでいるんですか?」

「薄毛が心配だから。」

「効果出ていますか?」

「出ていると思う。」

「何年飲んでいますか?」

「2、3年」

「いつまで飲むんですか?」

「分かりません。」

「医者はなんて言ってますか?」

「とくに何も。」

「飲む必要があるのか、ないのか。

必要あるなら、いつまで飲むのか。

そういう話はないですか?」

「とくにありません。」

「今後どのようにするべきか、

そういった話はないですか?」

「ありません。」

「・・・。」

こういう不毛なやり取りをしている医者と患者。

 

こういう人、多いんじゃないですか?

 

概ね何割の人が満足します。

結果を確認するのに何ヶ月見て下さい。

効果のピークはよくてこのくらいです。

その後は、薬を止めると薄くなる可能性がありますが、内服の間隔を変えても、維持できる人もいます。

 

サボっていて薄くなっても、再開すれば戻ります。

この手の説明もできないしょうもないクリニックにダラダラ通う人が多数。

 

分かりやすく薄毛で説明しましたが、慢性的に薬を飲むような病気の人はだいたいこんな感じです。

 

薬を飲むことがある意味、精神安定剤になっているからよいのかもしれませんが、治療のゴールを考えてみませんか?

体についても、もう少し真剣に考えたい方

今の薬に頼るだけのやり方を変えたい方

一緒に治療のゴールを考えてくれる医師が必要な方

LINE@からお問い合わせ下さい。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.