【線維筋痛症】と言われて、効果的な治療がみつからないアナタへ

  • 原因不明の痛みが3ヶ月以上
  • 基準となる18ヵ所
  • 強く押すと痛いところが11ヵ所以上

という基準で【線維筋痛症】と診断されます。

抗うつ剤や帯状疱疹の時と同様、痛み止めなどで対処します。

 

悪化する原因は色々言われていますが、どうして発症するかはハッキリとは分かっていないそうです。

 

ドクター小池クリニックでも、【線維筋痛症】と診断されたか、【線維筋痛症】らしき痛みのある方がいます。

クリニックでヒアルロン酸注射やボトックス注射がありますが、治療中に「痛みは無いですか?」と尋ねたことがあります。

「持病の【線維筋痛症】の痛みの方が痛いので大丈夫です」と。

どこで診てもらっているんですか?と尋ねると、

「小児の頃に医者をたらい回しにされ、海外のドクターにかかって診断された。そのため、かかりつけ医は特にいない」と。

 

当院で行っている治療は、体質を改善したり、自分の本来の状態に近づけたり、自然治癒力を高める治療です。

 

  • 対症療法の薬だけで対処している病気
  • これといった治療法がない病気

これらの病気は、今までのやり方では変わらないので、違った方法を試してみるとよいと思います。

血液クレンジング(オゾン療法・血液クリーニング)効果口コミまとめ

血液クレンジングの効果やメリットデメリットなど「血液クレンジング専門」の小池クリニックがすべてを解説するページです。

続きを見る

体についてもう少し真剣に考えたい方

今の薬に頼るだけのやり方を変えたい方

 

今のままでは不毛な時間を過ごすだけになってしまう可能性があります。



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム

© 2021 小池ぶろぐ