アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

小池コラム

【朝食】誰も教えない怖い真実、食べるべきか抜くべきか?

更新日:

朝食をしっかり食べないと元気が出ない。

朝食を抜いた方がパフォーマンスが上がる。

朝食を抜くと太る。

朝食に関して諸説いろいろとある。

朝ごはんを食べないと太るとか、朝ごはんを抜くとダイエットが簡単とか。

実際にはどちらがいいのだろうか?

朝食は食べた方がいいのか?食べなくてもいいのか?

朝食は英語で、【breakfast】

意味は

【break】は「破る」

【fast】は「断食」

 

つまり【breakfast】朝食は「断食」の状態を「破る」という意味。

 

昔は、日が暮れたら夕食、おそらく18時には食べ終わり。

朝は、日が出ていろいろ雑用してご飯食べたら、おそらく7時頃。

 

【13時間】くらいは食べていなかった。

これくらいの時間、食事をしないことを【プチ断食】という。

 

だから、朝食は【breakfast】

 

プチ断食の間は消化ではなく、代謝、修復、解毒、排泄などを体内で行っている。

いつも食べ物を消化しているカラダは代謝、修復、解毒、排泄などをするヒマがない。

 

夜遅くまで食べて、また朝から食べていませんか?

それでは【breakfast】とは言いません。

 

朝食は食べずに、朝食を兼ねた昼食は【ブランチ】【breakfast】+【lunch】=【brunch】というわけです。

 

【breakfast】ではない、朝食はやめましょう。

できることならブランチにしましょう。

どうしても朝食べたいならフルーツ類がオススメ。季節のフルーツを食べましょう。

【酵素】たっぷりです。

【酵素】とは・・・大事ですが、また今度。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.