体験者のコメント

自信を取りもどした方のコメントはこちら!嬉しいです^^

いただいたファンレター約600名

【自信を取りもどす科】ドクター小池はこう考える

自信を取りもどす科|ドクター小池

初対面で、ドクター小池のことを医者と聞いた人は、だいたい「何科ですか?」と聞きます。

はい。小池は「自信を取り戻す科」です。

自信を失ってしまうと健康も損ねます。

みなさん、今日も鏡の中の自分に向かって、「自信がある」と言えますか?

自信をもって仕事や生活ができますか?

もし言えないのであれば、何か引っかかっていることがあるかもしれません。

引っかかっていることを言葉にするとしたら、それは何ですか?

  • やる気や元気
  • 心や体の悩み
  • 体力や病気
  • なんとなくの不安や恐怖
  • 見た目や容姿
  • 若さという過去や老いという未来

いろいろあるかもしれません。

自信が持てない原因を明確にできそうですか?

明確にできたとして、解決する適切な方法は見つかっていますか?

 

ドクター小池は、みなさんが自信を取り戻し、理想的な自分になって、よりよく生きていくための医療をおこなっています。

みなさんが一般常識で知っている医療は、名前のついている病気にしか対応しません。

コレステロールや血圧が高いから薬を飲みましょう。

痛みや症状があるから、手術で取り除きましょう。

方法もおもに、根本解決はせずに表面的な改善をすることが中心です。

 

「自信を取り戻す科」とうい言葉だけでは、少し分かりにくいですよね。

一般的には

  • 予防医学
  • アンチエイジング医学
  • スポーツ医学
  • 美容医学

と言われるようなものがイメージしやすいかもしれません。

しかし「自信を取りもどす科」は違います。

不老不死を目指す|ドクター小池

ドクター小池が、自信のある自分でいられるために、行っていることの一つが「不老不死を目指す」ことです。

本当にできるの?という突っ込みがありそうですね。

はい、不老不死はもちろんできません。言葉の綾です。

私が、本当に目指しているのは、ずっと一人でトイレに行けることです。

 

えっ。そんな簡単なことが目標?と思うかもしれませんね。

一人でトイレに行くって、結構ハードル高いですよ。

 

まずお店にトイレットペーパーを買いに行かないといけません。

80才以上になっても、自分の足で買い物に行ける体や、お金を稼ぐ体が必要です。

ネット注文でもいいかもしれませんが、40年後の端末やサービスをつかって注文しなくてはいけません。

今の高齢者に、スマホやメール設定をしてもらうようなことです。

将来は、もっと難易度が高いかもしれません。

 

トイレットペーパーをセットしたり、その時のトイレシステムの取扱説明書が見えるような視力や、手先の器用さも必要です。

 

紙をくるくるっとして、お尻までしっかりとホールできる握力、手を後ろに回す肩関節や、関連する他の関節が正常である必要があります。

節々が痛いと、トイレットペーパーを扱うこともつらくなります。

 

排便、排尿に関わる筋肉も大切です。便秘や残尿感も避けたいところです。筋肉が弱くなると排泄力も弱まります。

逆にダダ漏れになったり、失禁のおそれもあります。

失禁したら、ぞうきんを絞ってかがむ姿勢もとる必要があります。

 

また、便座にすわったり、立ち上がったりする筋力も必要です。

心臓や肺が悪いと、トイレに行くまでの歩行も一苦労な運動です。

 

呆けてしまうと、そもそもトイレの概念が抜けたり、排泄の欲求も感じなくなるかもしれません。

最期まで、ある程度の認知のシャープさも必要です。

わかりきったことを、わざと誇張しています。

トイレットペーパーが見づらくなったらどうしようとか、四十肩、五十肩になったらトイレットペーパーを後ろに回せないとか、本気で言っていません。

しかし、ずっと一人でトイレに行ける能力があるかどうかって、自信をもって生活ができるかどうかの基準としては分かりやすいんです。

もし、あなたが体力に自信がなくなったとしましょう。

40年後には、もっと体力がなくなる可能性があります。

その時に、相当なくなっているその体力で自信を持って老後を迎えられますか?

 

もし、あなたが見た目に自信がなくなったとしましょう。

そういう気持ちで、みんなと社交的に過ごせるでしょうか。

自信を失っている人が、まわりに魅力的にうつるでしょうか。

年をとればとるほど、どれだけ家族や友人とアクティブに過ごしているかが、気力や体力に関係します。

いまのままの気持ちで、幸福にみんなに囲まれた老後を迎えられますか?

さらに残酷なことを言ってしまいます。

もし、あなたが生活習慣病や持病で、今の仕事や将来に自信がなくなっとしましょう。

そもそも、40年後の未来さえ迎えられず、若くして終わるかもしれません。

若くして終わるだけならいいでしょう。

やり残したことや、達成できなかったあなたの使命はどうするのでしょうか。

 

だからドクター小池は、不老不死を目指し、ずっと一人でトイレにいけることを意識しています。

いま自信がないというのは、大きな不幸です。

 

いや、今気がついて改善できるなら、大きなラッキーです。

だって、自信を取り戻せば、理想的な自分になって、よりよく生きていくことができるからです。

Dr 小池
どのような方でもご自愛くださることが、ドクター小池の願いです^^

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

    -アンチエイジング, スポーツ医学, 予防医学, 小池コラム, 美容

    © 2020 小池ぶろぐ