変われない人間|人間関係の歴史が変わりたくても変わることを邪魔する

変わろうと思っても真意が伝わらないと夫婦でアウトになる、ありがちな会話です。

会社でも似たようなことがありそうですね。

幻滅させる会話

夫から妻に
【最近優しいね。何かあった?】

この【何かあった?】が問題。

お前普段優しくないよな? 今日だけどうした? オレはお前を信用していないからな!

というのが言外にあるからです。

旦那さんも、奥さんも、どこか不幸ですよね。

 

何かに感化されて、自分から変わろうといきなり優しくなる夫も同じ!

なんか隠し事してる?浮気してるの!

そう思われるわけです。

 

それまでの雑な夫婦の歴史が邪魔して、いきなり心を入れ替えてもダメなんですね。

これは、どんな人間関係でもありそうです。

人間は変わりたくても簡単に変われない理由

夫婦だけでなく、親子、友人、上司部下でも同じく、いきなり変わろうとすると幻滅されたり、疑いをもたれます!

変わりたくても、変われないんですよねー。

変わろうとしても、そうやって壁や邪魔やディスリがあって、なかなか変われません。

結局は、変わるんだ!という意思を持ちたいかどうかですよね。

  1. 変わり続ける方が苦しいのか?
  2. 変わらないで戻る方が苦しいのか?

現時点で、納得できる選択をすればよいと思います。

考え方を変えると自分が楽になる

変わりたくても、変われなかったのは、ドクター小池も同じです。

実は、医療が大嫌いでした。医者という仕事が大嫌いでした。

 

3分診療や、広告中心の医療って本当にくだらない。医療が嫌いになります。

ドクター小池が大嫌いだと思う医療を、難なくこなす医者も大勢いて、嫉妬もしていました。蔑むこともしました。

 

しかし医療や他の医師が悪いのではなくて、医療のやり方に向き不向きがあるんですよね。

医療を悪者にしてはいけない。
目を見ないで薬だけ出す医療、広告で煽られた表面的な医療を求める人を相手にする医療が不向きなだけです^^

考え方を変えました。このように!

ドクター小池の考えを共感する人はいる
ドクター小池が尊敬できる人はいる
その人から多くのことを学ぶことは財産だ
きっと、そういう人はいて、そのための医療をおこなうんだ!
今まで習得してきたものをその人たちのために活かすんだ!

結局、変わりたいかどうかって、自分の意思ですね♥

【いびつな医療】ドクター小池が医療を嫌いになった理由

病気になった人を治す。 これが現代医学、日本の医師に求められる仕事です。 病気にならないためにできることがたくさんあります。しかし、病気になってからが医師の仕事。 病気になって苦しんでからでないと人を ...

続きを見る

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ