【不要な検査】合法的に邪魔な家族を消す方法

大切な家族のためによかれと思ってしたことが、実はマイナスになることもあります。

医療の裏側は見えにくく、リスクが高い可能について知る由もありません。

リスクを理解していて、患者さんに伝えたいと思う医師も大勢いますが、知識がなかったり一般常識に固執する患者に説明すると逆ギレされてしまうことがあります。

世の中は、ニコニコしながら、たくさん薬を出す医者がいい医者だという風潮もあります。

その風潮が常識のようになっていると本当の事にきづかず、大切な人の健康を害するかもしれません。

私は、高齢の父に言いました。

「胃部不快感があるから、内視鏡を受けたいの?

前も検査で問題なかったじゃない。

もし受けたとして、癌が見つかっても、手術する体力も、抗がん剤を受ける体力もないでしょ?

いままで診てきた感じ、癌という気はしないし、仮に癌があったとしても癌で死ぬ前に、普通に寿命が来ると思うよ。」

そのように伝えたあとは、症状も気にならなくなったそうです。

状態によっては、検査をうけることで食欲をなくし衰弱してしまった、という話もあります。

何事もメリット、デメリットがあります。

自分が家族を心配している体裁を取って、家族に検査を勧めましょう。

検査自体で本人の負担になりますし、万が一「ガンを疑う」と医者に言われれば、心理的ストレスできっと病気になるでしょう。

善意のふりをして、邪魔な家族の健康を害しましょう。長年の恨みを晴らすよい機会です^o^

上記はもちろん、わざとひどい言い方をしています。

 

「不要な検査は体の負担になることもあるので、よく考えましょうね!」とお伝えしても、1ミリも記憶に残りません。

劇薬のような辛辣な表現の方が、記憶に残るのでないでしょうか?

検査が本当に必要かどうかよく考えて、体をいたわって下さい^^



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム
-

© 2021 小池ぶろぐ