年寄りは体が年寄りではなく【頭が年寄り】

年寄りは体が年寄りではなく【頭が年寄り】というタイトルだが、中年にも当てはまる内容です。

私の父が書籍に写真で出たのでそれを掲載したい。

大正15年生まれで、戦後の日本を見てきた。

東京が大きく変わり、その歴史を語る書籍に、生き証人として大いに昔話を語っている。

たまたま人に父の写真を見せたら、「若い」と言われたので、そういうものかなぁ、というのが本音だ。

 

比較的平均的な84歳だと思う。

 

【年相応】でいいと思っている知識がないアナタへ

【年相応】でいいと思っていると残念な事になる事実

年相応という曖昧な言葉はいらない 診察で10才若返りの話をすると、「年相応でよい」という人がいる。 キレイになりたい 元気になりたい 若くいたい そうやって素直に言える人ほど、同世代の人よりキレイで元 ...

続きを見る

も合わせて読んでいただきたい。

 

一方、病院や介護施設では、高齢者(65才以上)で「アーっ」と言って、意思疎通が難しい人々も多かった。

 

どうして、こうも違うのか。それは「頭の差」だ。

 

学費のために働かないといけない

自分は年寄りではない

歩いて好きなところに行きたい

朝型生活、よく寝る、快食快便

楽しみがある

(と言っても、友人と会って飲みにいったり、旅行など。)

年寄りはただでさえ汚らしいんだから、格好だけはキレイでないとイケない。

 

私が観察した父の姿であり、父の言葉だ。

 

とは言うものの、年を取れば体が老化する。いろいろ父に試したものだ。

 

シワが気になると言われれば、シワ取り注射をした。

ヒゲが邪魔だと言われれば、ひげ脱毛をした。

元気がないと言われれば、いろいろな治療・投薬をおこなった。

 

日々の簡単な筋トレやストレッチを指示したが、監視する人がいなかったのでめんどくさがってやらなかった。

これは、失敗だった。

 

当然、こんなことも言った。

「転ばない、事故にあわない、入院しない。年寄りは骨折など一度入院したら、自分で動く筋肉がなくなり、呆けてどうしようもない。自分が若いと思って無理な行動を取って、子供に迷惑をかけないでほしい。だから、アンチエイジングの治療は受けに来て。」

 

電車で1時間以上かけて来ていたが、階段では必ず手すりを使うようにしているとのこと。

 

私も父を長年みていたので、

言っても聞かないこと

言うとかんに障ること

言うと危機感をもって素直に聞くこと

をある程度理解して、話をしていたつもりだ。

 

一般の患者様に言うと、怒って帰ってしまうことばかり。

でも、本当の事だからしょうがない。

 

自分のクリニックには、本当の事、タメになることを聞きたい人ばかりだから良いのだが。

普段のかかりつけ医で健康になっているならそれで良い。

 

しかし、それなりの健康しかないなら、考え直した方がいい。

きちんとした医療を受けると、費用もかかる。

ブログを読んでもらえれば、それだけでも家でできることも多い。

自分には無理

どうせ私なんか・・・

そういう固まった頭がすでに重症なので、それは私も治せない。

 

もっといってしまえば、習慣や考え方や知識の程度が低くて、何十年もそれで過ごして、安価で速効で改善すると思っているあさましい人間性が重症だ。

というわけで、自分のクリニックでは、仕事のため、夢や目標、家族のために頑張りたい40代ビジネスマンの10歳若返りが専門になってしまった。

問合せは「ブログを見たので自分の健康について相談したい」と伝えて下さい。

Dr 小池
どのような方でもご自愛くださることが、ドクター小池の願いです^^

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-アンチエイジング, 予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ