【働き方改革】産業医ドクター小池が思う「働き方改悪」

働き方改革で、みんなが幸せになるんですね^^

本当に?
働き方改悪になっていない?

働き方改革

厚生労働省が2019年に発表した定義によれば、

「働き方改革」とは、働く人びとが、

個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、

自分で「選択」できるようにするための改革

とされています。

具体的には

  1. 長時間労働の解消
  2. 非正規と正社員の格差是正
  3. 労働人口不足(高齢者の就労促進)

時間外労働の解消|36協定

労働基準法36条に基づく労使協定「時間外・休日労働に関する協定届」

36協定は、締結し、所轄の労働基準監督署へ届出なければ、企業は従業員に法定労働時間外で労働(残業)させることはできません。

  • 1カ月45時間
  • 1年間360時間

ふーん、そうなんだ。

ドクター小池はこう思う

実際には、はたらく時間が減って、残業代も減り給料が減って困っている人もいます。

長く働くこと自体、それほど嫌でもない人もいます。

会社のことが好きだから残業するけど、会社に迷惑にならないように自主的にタイムカードを押していなかったことにする、サービス残業の人もいます。

悪い会社だと、強制的にやりたくないサービス残業をさせるかもしれませんね。

 

仕事の時間を減らすと、何がいいんでしょうね?

効率が上がる?
今まで効率悪かったのに?

柔軟な働き方ができる?
iPad一つもってプールサイドで仕事するように?

選択できる?
そんなに選べるだけの選択肢あるの?

疑問が湧きます・・・

 

やりたくない仕事、いたくない職場だから、仕事時間が減ったら苦痛がへること?

1日1時間不幸が減ったら、1日1時間幸せが増えるという計算でしょうね。

会社にいる8時間が、楽しくなる方法はないのでしょうか。

我慢するのが仕事でしょうか。

 

確かに小池もそう思っていた時期もあります。仕事は我慢するもの、と。

一般の保険診療は、目を見ず、ただ機械的に薬を出すだけが中心です。

自分の考え方や過ごし方で病気になった人なのに、薬で解決すると思う甘い人間を診察する。

そんな人間を多く相手にし続ける一日って、そんな医者人生って幸せなのかなぁ?と思います。

 

保険適応外の診療、自費診療になると、きちんと自分で判断する患者さんも増えます。

しかし、似たようなクリニック(実際は中身は小池クリニックとは違うけど)たちの、聞こえのいい半分ウソの広告が多い業界です。

自分の考えを言っているドクター小池でさえも、たまに広告に踊らされるような層の人たちに会います。

そんなときは思います。

何て無価値な仕事なんだろう!何て無力な自分なんだろう!と。笑

 

しかし、こんな人と会いたいなぁ、こんな人と仕事したいなぁ、こんな仕事がいいなぁ、と考えるようにしています。

考えたところで実現するかどうか別として、いい気分にはなれますよ。笑。

そんな事を考えて、話をして許されるメンバーとだけ仕事をしているのは、ラッキーです!

 

産業医が必要な会社は、最低でも50人以上いる会社です。

世の中がこれだけ乱れきっていると、お互いが相手のことを考えて仕事をすることは不可能ですね。

 

実際、ドクター小池と打合せをする管理職、担当者の方はいい方たちが多く、同じように考えているんですけど、悪法も法なのでルール通り行わないといけません。

一人身勝手な社員がいると、良い会社も安定しません。

仮に、みんないい人でも、その家族や親に変人がいると、これまた安定しません。

腐ったみかん、がん細胞と一緒ですね。

 

会社もルールに従ってください。法律だから。

働く人もルールに従って下さい。法律だから。

結局は、そういう結論になってしまうんですよねー。

お役人の人は、本当に働く人が幸せになるように、考えたわけではなさそうです。

仮に本当に働く人が幸せになるように思ったとしても、実際に考えた内容は粗末なものです。

幸せにするという意味で粗末ですが、政治的な意味ではきっと大きな意味と効果があるのかもしれませんね。

あきらめた人は、世の中のルールに身をゆだねて人生を送りましょう。

幸せを望む人は、「こうだったら私は幸せ♥」と想いながら仕事していると、いいかもしれませんね^^

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ