世界を変える|新しい経済|君たちはどう生きるか?|ドクター小池の世界って?

新しい経済|世界とは

コロナ問題があって、

テレワーク、Uber Eats、オンラインサービス
などが盛んになり、世界がかわってきました。

医療でもオンライン診療が盛んになっているそうです。

 

コロナ問題がある前から、世界を変えるビジネスはありました。

GAFAと言われるような企業のビジネスですね。

Google・Amazon・Facebook・Apple

情報は、Google グーグル
買い物は、Amazon アマゾン
広告は、Facebook フェイスブック
スマートフォンは、Apple アップル

 

生活が変わりましたよね。

スマートフォンで、どこでも、いつでも、なんでもピコピコする生活に変わりました。

電車の中でもスマートフォン、子供もスマートフォン、夫婦もスマートフォン。

お互いを無視しながら
サービスに中毒になりながら

その割に新しいサービスを開発・発明はできないけれど^^

 

日本の社会や企業は大丈夫なのか?
本気で世界を変えるようなビジネス考えているのか?

そういう意見や声を聞くことがあると思います。

 

世界は変えないといけないのか?
ドクター小池はそう思いました。

 

まずは「世界」の意味を、自分で考えて決めたらいいんじゃないでしょうか。

「世界」イコール
地球なのか
日本なのか
会社なのか
家庭なのか
友だちなのか

人によって、その人の世界のイメージって違いますよね。

せめて、みんな自分が思っている「世界」だけでも変えたいって思えばいいのになぁ、とドクター小池も思います。

ドクター小池はこう思う

ドクター小池が思う世界って、意外とちっちゃいです。笑

自分が認識できる範囲が「世界」です。

「世界がせまい」という時の意味だったら、分かりますかね。

世界はせまくてもいいと思いますが、広い世界を知ることは必要だと思います。

広く見て、いらない、いらない、これもいらないと言ってせまくなるのと、最初からせまいのは意味が違いますからね。

地球規模の世界のことも、自分の周りの世界のことであっても構いません。

世界を考えたいってみんな思わないのかなぁ?と感じます^^

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ