産業医ドクター小池が見た会社で尊敬される上司の【褒め方】

すこし教育や指導を勉強した人なら、だいたい知っていますよね。

人を褒めるときは、直接ほめるのではなく、間接的にほめるというアレです。

✕ (上司からAさんに)Aさん頑張ってるねー

○ (同僚からAさんに)上司がAさん頑張ってるねー、って言ってたよ

このパターンです。

前者を、直褒め(ちょくぼめ)
後者を、陰褒め(かげぼめ)
というようです。

上司部下の関係が良好じゃなかったり、Aさんが精神不安定だと、直接ほめるたら「ふん!働けってこと?」って捻くれちゃうこともあります。

「もっと言って♥」というポジティブな人なら、直褒め、陰褒め、両方いいんでしょね。

あなたが普段から部下や周りの人の良いことを見つけて、言って回ったとしましょう。

 

◯さんのこと、素晴らしいって言ってたよ

◇さんのこと、気が利くって言ってたよ

 

あなたはみんなのことを褒めている、ちゃんと見ている素晴らしい上司と評価されるわけです。

(評価されたくて褒めるのも違うと思いますが・・・)

 

ここで一つ残念なお知らせがあります。

陰褒めではなくて、陰口は一瞬で評価を落とします。

 

コロナ問題や、日頃のニュースでも分かりますが、

幸せポジティブ情報は報道されないし、報道されても拡散されない。

不幸ネガティブ情報はよく報道されるし、より不安を煽りながら拡散されます。

 

上司がだれかの陰口をたまたま言ったら、言われた人は「私も言われているんだな」と、被害妄想、誇大妄想をします。

 

根拠がなくても一瞬自分が感じた思い込みを、人間は勝手に増幅させるんでしょうね。

 

もし陰口の対象が、本当に悪い人であったとしても、自分の評価が下がるのは同じです。

 

だから、

陰口は、絶対に一生言わない!

となりますね。

 

会議やミーティンも、意味のあるのかな?と思える形だけ会議ってありますよね。

議論を促していながら、「はい、そう思います」という返答しかないときです。

 

そのあと陰で、「そうは思わないよな?」と、誰かに言ってしまいそうになります。

 

言ってしまったら、「そうは思わないよね?でも、一理あったかな。」くらいに戻ってくると良いでしょう^^

 

いい内容でも、わるい内容でも、共感するとお互い気持ちがよくなります。

陰口の共感も、気持ちいいと感じてしまいます。

やはり、陰口は絶対に一生言わないことが大切ですね^^

 

今までの話は、会社だけではなく、家庭でも同じことが言えます。

お母さんが子供に向かって、お父さんのことを陰褒めしているかどうかで、お父さんの家での立場が変わります。

子供から尊敬されるお父さんなのか、肩身の狭いおとうさんのか。

 

お母さんとお父さんで、逆のシチュエーションもあるでしょう。

陰口でののしり合う両親に育てられた子供は、きっと陰口が普通だと思う大人に育つでしょう。

その子供たちが、学校や社会に出て、家庭を持って、また同じことを繰り返すんでしょうね。

ドクター小池はこう思う

ドクター小池も長い間、陰口が日常的な世界にいました。

どうしてこんなクズの人間がいるんだろう?って、本当に思いましたよ。

そして、本当のクズがいるんです!って誰かに陰口をしていたんですね。笑

で、自分から止めるようにしました。

陰口ってよくない。
褒めることができる自分であろう。

クズだ、アホだと誰かに言っているということは、その言葉を聞いて同調している低レベルな人間といま自分が一緒にいると、証明していることになります。笑

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ