自分を大切にする人のかかりつけ医の選び方|みつけ方

あなたにはかかりつけ医がいますか?

かかりつけ医をどのように選びましたか?

かかりつけ医を考えずに選ぶと危険ということを説明します。

名医5人がこっそり教える危ないかかりつけ医の見分け方

週刊ポスト 2018年3/9号

「名医5人がこっそり教える危ないかかりつけ医の見分け方」に下記のことが書いてあります。

  • 診てくれる科目がいっぱい
  • スリッパが用意されている
  • 「心配しなくても大丈夫」と言ってくれる

実はこんな医者こそ危険!

たしかに言っていることは一理あります。

  1. 糖尿病の薬を出すときに、副作用の可能性が高いのに、何もいわずに「お大事に」だけは問題。
  2. 初診で、血圧が高いからと高血圧の薬をすぐに出すのも問題。

うるさいことは言わずに、お大事にといつも笑顔で対応してくれる。

そんな医者を世の中では、いい医者、優しい医者といいます。

「医者の見分け方」といえば、大病院や手術の執刀医のことばかり注目し、一番最初に自分を見てくれるかかりつけ医について真剣に考える人は少ないです。

かかりつけ医とは何か?

あなたがかかりつけ医として選ぶのは、近所のコンビニみたいに選んだクリニックですか?

すぐに欲しい薬を処方してくれる医者を選んでいますか?

いろいろな科を看板に出して一か所で済むようなイメージのクリニックを選んでいますか?

記事で非難されている「ダメかかりつけ医」もいれば、「ダメなかかり方している患者」もいます。

ダメなかかりつけ医を判断する方法がわかっても、いいかかりつけ医を見つける方法はわからないと思います。

日本の医療制度やかかりつけ医について十分な理解がないと、あなたのカラダをきちんと見てくれる医者はみつけられないでしょう。

医者が患者に忠告しない理由

  • 普段は何も注意しない
  • 好き勝手に過ごしカラダの不調を放置している
  • カラダが本当に悪くなってから焦る
  • 手術が必要なときだけ医者探しに奔走する

このような生き方をしている人に、医者はあまり忠告をしません。

どうせ言っても聞かないし、トラブルを避けたいから。

食生活を見直しましょう、運動しましょう、痩せましょうという、ありきたりのアドバイスしかしません。

医師なら知っているメタボリックドミノについて

日頃の悪い積み重ねで、最終的に大病になり、手術が必要だったり不自由な体なるという結果が待っています


慶應大学医学部腎臓内分泌代謝内科HPから引用

ドミノが倒れるのを抑えることはできるけど、ドミノが倒れ始めたらキリがない。

途中で止めるのは難しいし、後戻りもできません。

恐ろしいドミノ倒しが始まるのが想像できますか?

病気で苦しみたくなくて健康診断を毎年受けているあなたへ【糖尿病編】

糖尿病になると何が悪いのか? 糖尿病の怖い末路「しめじ」を読んで下さい。 糖尿病の壊疽画像はこちら(ショッキングな画像のため閲覧注意) メタボリックドミノとは メタボリックシンドロームを放置していると ...

続きを見る

日本には顧問医という概念を持っている人が少ない

顧問弁護士、顧問税理士はいても、顧問医師と呼ぶことはほとんどありません。

なぜならコンビニと同じで、どこも一緒と思われて、近くで便利が一番だからです。

自分のカラダを大切に扱うのであれば、かかりつけ医ではなくて顧問医という考えが好ましいです。

違いが分からないと、かかりつけ医で十分だと思って、ありきたりの医療しか受けられない可能性があります。

小池ブログにあるような内容までは、カバーしてくれません。

自分の顧問医を見つけたいですか?

あなたのカラダを全体的に把握して、あなたの希望を第一優先に考えてくれる顧問医を探しましょう。

とにかく、がんが心配|ガン家系だと思う|癌予防は出来るのか?

そもそも癌ってどんな病気? 腫瘍(しゅよう、Tumor)とは、組織、細胞が生体内の制御に反して自律的に過剰に増殖することによってできる組織塊のことです。 悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malign ...

続きを見る



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム
-

© 2021 小池ぶろぐ