産業医ドクター小池|人を動かす|相手の心をつかむ|尊敬される上司

D・カーネギー著の世界的ベストセラー「人を動かす」
読んだことありますか?

人を動かす|相手の心をつかむ

「人を動かす」なんて聞くと、脅しや洗脳、カリスマなどを利用するかのように聞こえませんか?

この名著『人を動かす』では、仲間をもって影響力を持つ方法!が、実際のタイトルのようです。

実際に見ていきましょう

人のことを批判すべからず

リンカーン大統領は、大統領になる前の弁護士時代に風刺するような内容でライバルを批判していました。

それがあまりにも相手の神経を逆なでしたため、決闘を申し込まれ、命の危険にさらされました。

以降、批判をすることは止めたそうです。

正論であっても、人は間違いを指摘や批判され、素直に申し訳ありません。なんて思わないということです。

相手に重要感を伝える

多くの人が、承認欲求を満たしたいと思っています。

目立っている人を、意味もなく叩き、自己顕示欲を満たそうとする人がいるくらいなので、分かると思います。

偉いと思われたい、重要な人物だと思われたい願望といえます。

この人間の性質を見抜き、多くの協力者を集めたのがアンドリューカーネギーです。

墓標に刻んだ一行は有名です。『己より賢明なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る』

相手の立場に身を置く

元イギリス首相のロイドは、「釣り針には魚の好物をつけろ」と言いました。

当たり前のことですが、人は自分がイチゴクリームが好きだからと、イチゴクリームで魚を釣ろうとすることがあると指摘しています。

自分の好きなものや自分が嬉しいことは相手も同じだと考えてしまうのが人間です。

相手のことを考えてどのようなことが好きなのか?嬉しいのか?を考えることを忘れてしまうことがよくあります。

立場や置かれている環境によって欲しいものが違うのです。

人間関係をよくするために

挙げられている方法は、対人関係にいいよ!と聞いたことがあるものばかりです。

  • 誠実な感心をよせる
  • 笑顔を忘れない
  • 名前を覚える
  • 聞き手にまわる
  • 関心のありかを見抜く
  • 心からほめる

相手に興味をもち、批判をせずにほめ、相手の利益を考える

これだけを意識してみるといいかもしれませんね。

自分がどうなりたいか?

人をどうこう言う前に、まずは自分です。
偉そうなことを言っても私もできていないことがあります。

自分がどうなりたいのか?どうあれば自分は幸せなのか?

その答えを明確にしないと、自分にとって必要な人も分かりません。

自分を分かっていないのに、とりあえず身近な人に影響したいと思っても、テクニカルなだけでただのご機嫌取りになってしまいます。

 

この記事の前半で伝えたことは、だれが聞いても当たり前の内容です。

人と良好な関係を築きたいと言いながら、行動はできていない人が多いです。

行動できない人の場合、周りの評価を気にして、周りに影響されてしまいます。自分を持っていないため、常識的でありきたりな人生を正解だと思って選んでおきながら、実は居心地が悪く感じています。

その状態では、人に影響を与えて、共感を得て、一緒に何かを成し遂げるようなことはできません。

「人を動かす」などという刺激のある言葉に影響され、表面的に相手への関心を示しても意味がありません。

 

まずは、自分がどうありたいのか、自分は何に満たされるのか、を考えましょう。

幸せになることは自分一人でできることですか?きっと協力してくれる人が必要なはずです。

では、その協力してくれる人は、何を成し遂げたいと思っていますか?

あなたは、その相手に何ができますか?

そんなことを考えていれば、「人を動かす」テクニックを考えずとも、いつの間にか仲間を得て相手に影響を与えているでしょうね。^^

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ