アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

アンチエイジング 予防医学

ミネラル、有害金属がカラダに与える影響

投稿日:

カラダを構成しているミネラル

カラダに蓄積されていく有害金属

これに着目している医師も患者さまもまだ少ない。
知っていても保険診療内での治療には制限があるため、どうしようもない場合もある。

  • 自閉症と有害金属
  • 原因不明の病気と有害金属
  • アレルギーと有害金属
  • 食品添加物と有害金属
  • ワクチンと有害金属
  • 水と有害金属

世界中で研究されている。

骨が脆くなる原因の一つにカドミウムと鉛がある。骨にカルシウムの代わりに忍び込む。カルシウムを摂取しても骨は強くならない。

足のむくみ(浮腫)なども、原因に有害金属が隠れている場合がある。もちろん、がんや糖尿病、認知症、不妊などにも関係している。

  • 有害金属を体内から排泄する力がある人
  • 有害金属が溜まりやすい人
  • 必須ミネラルが体内に取り込みにくい人

個人差がある。
遺伝も関係しているし、生活習慣も関係している。

アメリカでは、ワクチンに有害金属が入っているので問題になっているそうだ。

体質改善のスタートは、今、自分のカラダの中の状態を知ること。

排出(デトックス)しなくてはいけないものがあるのか?

年々、蓄積量が増えていないか?

有害金属の侵入経路はどこか?

一般の検査にはないし、日本では注目の低い治療法だから世の中に広がるのは、まだまだ時間がかかる分野なのかも。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, 予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.