お餅を食べたら補給したいビタミン

もうすぐお正月。

お正月といえは、お餅。

(小池は花より団子派)

好きなものを食べ続けるため、自分たちが一番興味があるのが体質改善アンチエイジング医療なのです。

お餅を食べたら補給したいビタミン

話はお餅に戻ります。

お正月のお餅は縁起物。せっかくだから美味しくいただき、来年も元気に過ごしたいですね。

お餅を食べたら、補給してほしいビタミンはビタミンB群です。

お餅は糖質ですので糖の代謝にビタミンBが必要です。日頃から糖質過多の食生活をしている場合も意識して摂取したいビタミンです。

ラーメン、チャーハン、ピザ、パスタなど、糖質の美味しい食事がたくさんありますので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

糖質制限が流行っていますが、ストイックな糖質制限はオススメしていません。

【糖質制限】はいいのか、悪いのか?医学的に考えてみた結論。

【この記事の目的】 糖質制 ...

続きを見る

ビタミンB群が不足が考えられる症状

  • 肝臓機能低下
  • 脂質の過酸化
  • 疲れ眼
  • 眼の充血
  • 口角炎
  • 口内炎
  • 皮膚・粘膜の炎症
  • 疲労
  • 肩こり
  • 筋肉痛
  • 食欲不振
  • 記憶力減退
  • 集中力低下
  • アミノ酸吸収低下
  • 肌荒れ・乾燥肌
  • だるさが抜けない

肝機能も低下するのでお酒を飲む方は特に気をつけてください。

ビタミンB群を多く含む食品

  • レバーやハツ
  • 玄米
  • 豚肉
  • ウナギ
  • 大豆
  • 牡蠣
  • ニンニク

食品から必要なビタミンを摂取するのは難しいのは事実です。

玄米がカラダにいいと言われるのは、ビタミンミネラルが豊富だからです。玄米の食べ方については注意が必要です。

【玄米】食べ方によっては毒になる。美味しく安全に食べるコツ【動画付き】

玄米はミネラル分、食物繊 ...

続きを見る

食生活の改善が難しい場合

食生活の改善が一番ですが、事情があって難しい人の場合や慢性的なビタミン不足の場合はサプリメントで補給します。

水溶性のビタミンは数時間で排泄されてしまうので、こまめに補給する必要があるからです。1日だけビタミン補給をしても、間に合いません。

口内炎など炎症が出てしまっている場合、胃腸からの吸収力が落ちている場合はビタミン点滴などで補給します。

毎日の生活習慣や体質、腸内環境により、補給の方法や補給量が違います。サプリメントを闇雲に飲んでも解決しません。

ビタミンB群だけ補給しても症状が改善されない場合も多くありますので担当医やかかりつけ医に相談しましょう。

美味しいものを美味しく食べ続けるための医療に興味がある方はLINE登録、Facebook登録して情報をお受け取りください。

顧問会計士、顧問弁護士はいるのに、健康管理の顧問医師がいない経営者のあなたへ

あなたは何歳まで元気でい ...

続きを見る

自分を大切にする人のかかりつけ医の選び方|みつけ方

あなたにはかかりつけ医が ...

続きを見る

-アンチエイジング, 予防医学

© 2021 小池ぶろぐ