【ヒルドイド】という保湿剤|不正処方で薬の価格が高くなりました

ヒルドイドという保湿剤があります。

乾燥したり、かゆかったり、カサカサしているときに、処方されます。

小児科では子供が処方されるのですが、子供の医療費の自己負担がゼロだから、自分も保湿剤を使いたいと思った少し貪欲なママが、多めに処方をしてくれるように医者に頼みます。

 

皮膚科では沢山処方しようが、最小限処方しようが、どちらでも手間も費用も一緒なので、良くないと分かっていても、顧客満足度のために要求された分だけ処方します。

不正行為をおこなうママ、小児科医、皮膚科医が多くいるので、薬代を上げれば少しは控えるだろうということで、国は薬の価格を上げました。

保湿剤の不正処方

どうして、こういう不正行為をおこなう日本人が増えたのでしょうか。

 

皮膚がかゆい場合や乾燥している場合は、診断で病名がつけば保険診療で処方を受けられます。

美容のためや基礎化粧品がわりにしたいのであれば、自費診療で処方可能です。

自費診療であれば、不正行為することなく自由な処方を受けられます。

 

ヒルドイドに限らずいいものは使いたい

2~3時間待たされて処方をうける時間がもったいない

いま行っている病院にしっくりきていない

病気になりたくない、元気でいたい

 

ほかにはない情報をこれからも知りたいと思う方はLINE@で続きが見られます。



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム
-

© 2021 小池ぶろぐ