アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【EXIT】今までは亡くなっていた胎児を救えるという話を聞いた

更新日:

私の友人の周産期を専門にしている産婦人科医の話。

 

胎児の気道が先天的にふさがっていて、生まれても

ほぼ亡くなる状態の場合に、「EXIT」という方法がある。

 

EXITとは、(乱暴なぐらいに簡単にいうと)

帝王切開で赤ちゃんの顔だけを出して、

お臍を切らずに胎盤からの血流を維持したまま治療を行う。

そして、子宮に戻して、出産を待つ。

 

手術が成功しても10%強は、他の原因があってなくなる。

それを事前に知ることは難しい。

ただ、何もしなければ、出産後ほぼ100%亡くなる。

 

だったらやったらやればいいよね?と小池は聞いた。

 

・保守派の重鎮は、とにかく否定的。

・手術がうまくいっても胎児がなくなったら学会でフルぼっこ

・言うのは簡単だが、手術は特殊な麻酔含め、

耳鼻咽喉科、小児科など協力してもらう専門医、関係者は多岐にわたり、時間も手間もかかる。

 

彼も、EXITが必要な胎児に出会わず、一生を終えたかも知れない。

EXITが必要な胎児に出会ったことが、治療を開拓したきっかけだ。

 

個人的な意見だが、

・彼の治療の話って、患者は理解できるのか?

(手術がうまくいっても、手術と関係ない理由で亡くなることもある。

冷静に判断できるほど、理解できるのか?)

・仮に理解できても、他の病院でセカンドオピニオンを聞いたら、

だめ出しされて、やっぱ受けたくないってならないか?

・EXITなどの他の選択肢を知らない産婦人科だったら、

「とても残念ですが、生まれたとしても・・・」といわれて、妊婦はあきらめるのか?

・保守的で面倒な業界で、医師が頑張っても分からないような患者で、なんで頑張れるの?

 

小池の周りの人で、もし周産期の悩みがあったら、

彼に相談しようと思う。

 

あとの人は?

好きにすればよいでしょう。

 

いま行っている病院ではなにかピンとこない方、

病気になりたくない、元気でいたい方

情報を集めたいと思う方はLINE@で続きを見られます。

LINE@お友達登録

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.