アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

AGA治療効果!治療種類や治療薬効果とメリット・デメリットは?

small_AGA治療効果!治療種類や治療薬効果とメリット・デメリットは?

ここではAGA治療について徹底解説していきます。

どんな方法だと効果が出やすいのか、どんな治療法だと危険性があるのか、多角的に分析していきます。

ここで紹介する効果や作用は日本皮膚科学会が発表した男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインで発表されたもの、製薬会社で発表されたデータに基づいたものです。

つまり専門家が発表した信憑性のあるものなので、かなり信頼度は高いです。

医学的に効果が実証されているもので、薄毛対策を講じればいずれ効果が出てくるはずです。

AGA(男性型脱毛症)・FAGA治療!原因や対策と料金まとめ

小池クリニックのAGA治療についての詳細まとめページです。

続きを見る

AGA治療の種類と治療薬に対するメリットとデメリット

AGA(薄毛)のメカニズムを書いた画像

AGAのメカニズム

まずは簡単にAGAのメカニズムを説明しておきます。
AGAになるメカニズムを簡単に説明すると、テストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼ(還元酵素)が結合。
テストステロンがジヒドロテストステロン(悪性男性ホルモン)に変化することで起こります。

そのジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)の対処として、以下の薬を処方している病院が多数です。

フィナステリド(プロペシア)内服ってどんな薬?

フィナステリド(プロペシア)内服ってどんな薬?

フィナステリドは抗アンドロゲン薬としての名称で、日本の場合は「プロペシア」という薬名で処方されていることが多いです。

「フィナステリド」は、飲む発毛剤です。元々はアメリカで前立腺肥大の治療に使われていた薬ですが、抜け毛を予防する効果があることが分かり、今は発毛剤として世界中で発売されています。

フィナステリドは、上の画像の5αリダクターゼの働きを抑制することにより、テストステロンと結合するのを阻害し、ジヒドロテストステロンに変換するのを防ぎ、脱毛を予防し、発毛を促進する経口発毛剤です。

フィナステリドの働きを書いたイラストの画像

フィナステリドの働き。

フィナステリドは脱毛を防ぐ力はありますが、髪の毛を生やす作用はありません。そのため血流を良くして髪の毛を生やす作用のあるミノキシジルと併用することで、薄毛の改善により効果があると言われています。

ちなみに5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害するものとして、フィナステリドデュタステリドの2つの薬が効果が高いと言われています。

メリット

・脱毛を抑制して薄毛の進行を防げる

・比較的副作用が少なく使用できる

デメリット

・効かない人もいる

・発毛を促すことはできない

デュタステリド(ザガーロ)内服

デュタステリドってどんな薬?

もともとデュタステリドは、前立腺肥大症の患者向けの治療薬として開発されましたが、AGAの症状がある患者に対してフィナステリドと同じような効果があるのが分かり、AGA治療薬としても発売されるようになりました。両者で名前が違い、前立腺肥大症の治療薬としてはアボルブ、AGAの治療薬としてはザガーロという名前で処方されています。AGA治療薬としての効果はデュタステリドの方があると言われています。

フィナステリドとデュタステリドの違い

フィナステリドとデュタステリドの違いは、AGAの原因に対する効果が違うということです。

AGAは男性ホルモンのテストロテロンと、5αリダクターゼが結合することにより薄毛になると言われています。この5αリダクターゼは1型と2型があり、それぞれ多く存在する場所が違います。

1型は側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在しています。

1型5αリダクターゼの存在する側頭部と後頭部をウィッグで示した画像

1型は側頭部と後頭部に存在。

2型は前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く存在します。

2型5αリダクターゼが前頭部と側頭部に存在することをウィッグで示した画像

2型は前頭部と頭頂部。

1型は側頭部や後頭部で薄毛を発症するケース

2型は前頭部や頭頂部で薄毛が発症するケース

そして男性で髪が少なくなるのは前頭部や頭頂部が多いですよね。なので、AGAには主に2型が関係していると言われています。

そして、フィナステリドは2型5αリダクターゼの働きを阻害する事で効果を発揮するのに対し、デュタステリドは1型、2型5αリダクターゼ両方に効果があります。

そのためこれまでは、2型に作用するフィナステリドがこれまで多く使用されてきました。

しかし、最近では部位にとらわれず頭部全体が薄毛になってしまう人もいるので、1型にも作用するデュタステリドの効能がより一段と注目が集まっています。

プロペシアはミノキシジルと並んで医学的効果が認められているものですから、外用はミノキシジル、内服はプロペシア、と併用して脱毛症対策している人も多いです。

デュタステリド…1型・2型両方の5αリダクターゼの活性を抑制する

フィナステリド…2型5αリダクターゼの活性を抑制する

ケトコナゾールの外用

ケトコナゾールって何?

ケトコナゾールは、ふけや痒みの原因となる脂漏性皮膚炎や粃糠性脱毛症、水虫の治療に使用されるクリームやローションタイプの抗真菌作用薬剤ですが、発毛作用や皮脂の抑制作用もあることが研究の結果分かってきました。髪の毛に関する分野ではケトコナゾールを配合したニゾラールシャンプーが使われています。
しかし、刺激が強くシャンプーとしても毎日は使わないほうが良い、皮膚の弱い方にはおすすめできないという意見もあります。
脱毛の抑制作用には一定の効果があるのは認められていますが、発毛作用についてはの効果は未知数なところがあります。

メリット

・抗菌作用があるため、皮脂の過剰分泌や炎症抑制に効果あり

デメリット

・もともと真菌を阻害する薬なので、発毛自体の効果は期待できない

・脂漏性皮膚炎がきっかけで薄毛になっている人以外はあまり効果なし

ミノキシジル外用

ミノキシジルってどんな薬?

ミノキシジルは元々血管を拡張して高血圧を治療する薬の成分としてアメリカで開発されましたが、薬を服用した人の多くに多毛症など体毛を生やす効果があることが分かったんです。そして日本でも厚生労働省が認可する薬として使われるようになりました。海外では「ロゲイン」という名前です。日本ではミノキシジルは、内服薬はAGAクリニックで処方されます。その他外用薬もあり、「リアップ」と言う名前でドラッグストアでも販売されています。

内服薬と外用薬では内服薬が効果が高いとされていますが、その分副作用もきついので医師と相談しながら飲む量を決めるほうが良いでしょう。

ミノキシジルには濃度があり国内外で1%から16%まで20種類以上があります。
濃度が濃い方が発毛しやすいですが、副作用もきつくなるため、症状、体調を見ながら使うのが大事ですね。なので、やはりAGAクリニックで、医師の指導の下、安全に適切な量を処方してもらうのが良いでしょう。

メリット

・髪が生える効果が高い

デメリット

・副作用が多数報告されている(動悸やふらつき、血圧低下など)

植毛治療

植毛ってどんなことをするの?

植毛治療とは薄毛が気になる部分に髪の毛を植え付ける施術法です。植毛治療には大きく分けて「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2つがあります

メリット

・即効性がある

・短期間で増毛できる

・どのような薄毛状態にも関わらず処置が可能(ただし頭皮に傷などがあると不可)

デメリット

・高額

・周りの人にバレやすい

・不自然さが出ることがある

・頭皮に傷痕が残る可能性がある

Dr 小池
植毛の人をみてよかった人と、悪かった人がいます。よかった人は、イケメン芸能人Xです。若い頃に、額に毛を回したのでしょう。自然な仕上がりでした。しかし、近くで見ると、前髪の質としては多少違和感がある感じでした。

悪かった人は、植毛してその上からカツラ。けっきょく植毛したところに毛がしっかりと生着していません。なんだかボコボコの皮膚が露出して、汚いハゲになっていました。これだったらやらなかった方がマシです。

ひとことに植毛といっても、すっごく地味で細かい手作業の職人技なので、当たり外れがあるのかもしれませね。

LEDおよび低出力レーザー照射

低出力レーザー照射ってどんなことをするの?

低出力レーザーとは、自宅で低出力レーザーが出るマシンを使う育毛方法です。クリニックで使用されるような温度の高い高出力のレーザーとは違い、熱を使用せず光を使って施術をしていきます。

メリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がB(行うよう勧める)となっている

・アメリカでも似たような治療法があり、発毛への期待感がある

デメリット

・治療している機関が少ない

・高額

・日本での研究事例が少ない(発毛したという実績に乏しい)

アデノシンの外用

アデノシンって何?

アデノシンはもともと心臓疾患の患者に使われる医薬品ですが、研究の結果育毛効果が期待できる成分だと分かったんです。ただ育毛に関しては治療薬ではなく医薬部外品(効果があるではなく、期待できるという程度)という位置づけです。効果が約束されていない代わりに副作用も少ないと言われています。

メリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がB(行うよう勧める)となっている

・医療機関に行かなくてもドラックストアやでネット購入が可能

・比較的安価で手に入れることができる

デメリット

・ミノキシジルに比べれば効果が劣る

・日本での研究事例が少ない(発毛したという実績に乏しい)

カルプロニウム塩化物の外用

塩化カルプロニウムって何?

塩化カルプロニウムは胃腸薬として使われています。血管拡張作用があるため育毛に効果があるのではないかと考えられています。育毛に使う場合は内服ではなく外用(塗り薬)です。育毛効果で言うと日本皮膚科学会のガイドライン(2017年版)ではC1という5段階評価の真ん中で、アデノシンなども同じC1です。ミノキシジルは最高推奨度のAランクです。塩化カルプロニウムもアデノシンと同じく医薬品ではなく医薬部外品(効果が期待できるが医薬品ほどではない)というレベルです。

メリット

・そこまで副作用のリスクはなく、安心して使用できる

・比較的安価

デメリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がC1(行ってもよい)となっているため、そこまで効果が高いというわけではない

・カルプロニウム塩化物が入った育毛剤自体が少ない

t-フラバノンの外用

t-フラバノンって何?

t-フラバノンというのは、スキンケアやヘアケアで有名な大手化学メーカーの花王株式会社が独自に開発した育毛剤の有効成分です。花王が、西洋オトギリソウエキスから、有効成分アスチルビンを抽出して、独自に開発した育毛成分です。

そのアスチルビンを安定させるために作られた成分が「t-フラバノン」なんです。

メリット

・そこまで副作用のリスクはなく、安心して使用できる

・比較的安価

・病院で診断を受けずに簡単に入手できる

デメリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がC1(行ってもよい)となっているため、そこまで効果が高いというわけではない

・配合された育毛剤が少ない

サイトプリンおよびベンダデカンの外用

サイトプリンおよびベンダデカンって何?

サイトプリンおよびベンダデカンは別々の成分ですが日本皮膚科学会が発表したデータでは1つにまとめられています。

サイトプリンは、髪の成長に必要なタンパク質の生成を促し、発毛を促進するシグナルを増幅する効果があり、脱毛を抑制する効果があるとされています。

ペンタデカンは、タンパク質の一種で髪の主要成分でもあるケラチンの補助をする作用があるとされます。

ただ、治療として行っても良いが十分な根拠がないという評価なので、ミノキシジルやフィナステリドのほうが効果が高いと言えるでしょう。

メリット

比較的安価

・病院で診断を受けずに簡単に入手できる

デメリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がC1(行ってもよい)となっているため、そこまで効果が高いというわけではない

・配合された育毛剤が少ない

・海外で使用された例もなく実績に乏しい

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用

ビマトプロストとラタノプロストって何?

ビマトプロストとラタノプロストは、緑内障の治療で眼圧を降下させる目的で使用される医薬品です。両方の医薬品にまつ毛の発毛促進効果があることが分かり、発毛効果があるのではないかと研究が進められています。しかし、現時点で両医薬品の外用による有効性は十分に実証されていません。そのためAGA治療は行わない方がよいとされています。

メリット

・特になし

デメリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がC2(行わないほうがよい)となっているため、使用しても効果がでないと推測される

・臨床試験が行われたことはあるが、薄毛抑制効果については情報が皆無

成長因子導入および細胞移植療法

成長因子導入および細胞移植療法ってどんなことするの?

成長因子導入および細胞移植療法は幹細胞から放出される成長因子(特定の細胞の増殖や分化を促進する働きを持つたんぱく質)が、毛母細胞に直接働きかけ、発毛機能を活性化させ、乱れてしまった毛周期を正常に戻します。そうすることによって短い期間で健康な髪を再生させることができる、という考え方から行われる治療法です。

発毛促進効果は、臨床試験数の数がまだ少なく、将来的には期待されるとしながらも、今は行わないほうが良いという評価が出ています

メリット

・発毛を促す可能性あり

デメリット

・脱毛症ガイドラインでも推奨度がC2(行わないほうがよい)となっているため、施術しても効果が出るとは限らない

・まだ一部の医療機関しか実施しておらず、安全性が確かではない

・高額

Dr 小池
いろいろ治療を並べると、治療の柱になる本当の治療の信憑性が増します。また、識者からほかの治療はどうなんだ?と聞かれると面倒です。

だから、数多く検証しているのであって、人によってどの治療を選択するかほとんどバラバラ、ということはないように思います。

あまり効果的でない治療でも、高いから効きそうだ、世の中で騒がれているから良いに違いない、と考えるレベルの人間というか、大衆意識の人がそれなりにいます。

そういう人たちを対象に、医療サービスを提供しているクリニックもあります。日替わりバイト医師は、何もわからずに診察をしています。

しかし、オーナーである医師や、オーナーである育毛商品の企業はすべてシナリオを作るのがAGAクリニック業界です。もっともらしいけど、じつは効果的ではない治療を提供することがあります。

それに気づく感性がないから、ハゲが進みきってしまうひとも大勢います。

AGAクリニックと個人輸入代行について

AGAクリニックと個人輸入代行について

AGA治療する場合、クリニックで医師の診断を受けるか、あるいは海外で販売されている外用薬や内服薬などを個人的に購入して治療するという2つの方法があります。

クリニックなら個々の頭皮状態や体調、持病などを考慮したうえで、最適な治療を行ってくれるので安全性も高いです。

例えば高血圧気味で、普段から降圧剤などを使用している人がミノキシジルを服用、あるいは外用してしまうと循環器の疾患、血圧低下などの心配も出てきます。

そういったリスクがクリニックなら限りなくゼロになります。

それに対し、個人輸入代行業者を利用した治療は厚生労働省のほうでも厳しく取り締まりが行われています。

本来なら日本では対応しきれないほどの症状や薬がある場合に限り、認められている方法ですが、最近は無許可の医薬品などが流通してしまい、それらを購入する人が増えています。

その結果、個人輸入代行業者を利用して購入した薬品で副作用などの症状が出てしまうこともあります。

安全性を考慮すると決してお勧めできません。

Dr 小池
美容であろうが、健康であろうが、アンチエイジングであろうが、自己判断で自己治療をおこない、こじらせている人がいます。

ハッキリと言って未熟な人間です。1年に1、2度「本当にそんなことをしたの?」というような人が現れます。

ドクター小池クリニックの患者さんに、未熟な人がおこなったのと同じことは試せません。

未熟な人が、人柱になって未熟な行為を試してくれるので、検証のために本当に助かっています!

AGA治療はどんな効果が期待できる?

AGA治療

AGA(男性型脱毛症)を発症してしまっている人は、髪の毛周期の中で成長期が短くなっている人です。

成長期は髪が発毛したり、伸びる期間ですから、それが短くなってしまうと必然的に薄毛になる可能性が高まります。

AGA治療を継続的に行っていけば、成長期の期間が長くなりますので毛周期のサイクルが正常なものへと戻っていきます。

すると次第に抜け毛も抑制されていき、薄毛が目立たなくなっていきます。

ただし治療は短期間での改善は難しく、男性被験者を対象とした研究でも大体が半年以上、長い場合では2年間の内服薬や発毛剤の投与で、ようやく効果が現れたというものばかりです。AGA治療は即効性はないというふうに考えておいて良いと思います。治療を始めるなら髪の毛がなくなる前の、症状が軽いうちに始めた方が効果も出やすいということもいえますね。

また、一度改善できても継続使用しない限り、再び男性型脱毛症が発症してしまうので半永久的に必要な治療となります。

AGA治療の種類と治療薬の効果について

AGA治療の種類と治療薬の効果について

AGA治療や治療薬は下記のようなものがあります。

・フィナステリドの内服

・デュタステリドの内服

・ミノキシジルの内服

・ミノキシジルの外用

・植毛術

・LEDおよび低出力レーザー照射

・アデノシンの外用

・カルプロニウム塩化物の外用

・t-フラバノンの外用

・サイトプリンおよびベンダデカンの外用

・ケトコナゾールの外用

・ビマトプロストおよびラタノプロストの外用

・成長因子導入および細胞移植療法

効果が高いと言われるAGA治療法

効果が高いと言われるAGA治療法

男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインの中では、これらの効果について推奨度別に評価を与えています。

この中で男性型脱毛症に対して評価が高かったのは3つ。

・フィナステリド内服

・デュタステリド内服

・ミノキシジル外用

これらは薄毛改善に効果が高いとされていて、AGAクリニックでも治療の一環として採用しているところが多いです。

ガイドラインでは推奨されていませんが、ミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)はミノキシジル外用よりも効果があるとされているので、AGAクリニックでは処方されることが多いようです。

AGA(男性型脱毛症)・FAGA治療!原因や対策と料金まとめ

小池クリニックのAGA治療についての詳細まとめページです。

続きを見る

WEB限定のAGA相談

AGAなのか?
そうでないのか?

クリニックに来る前に「頭皮の画像」だけでも先に診断して欲しい。
そんな声が多数寄せられています。

当クリニックとしてもお金と時間をわざわざ使ってまで来て頂き、何もなかったというよりは「より確度の高い方」を診断したいというのが本音です。

その流れでWEB限定の人数も限定ですが、頭皮の画像診断をすることにしました。
もちろん無料です。

なぜここまでやるかというと、AGAに苦しんでいる方はクリニックに来て大きく変化している現実を見ているから。
AGAは薄毛という外見だけの問題だけではなく「心の問題」へ大きく寄与しています。

ふさぎ込んでいた人が、増毛をきっかけに表情まで別人のように明るくなった。
そんなことは稀な話ではないのです。

患者さんは間違いなく、喜んでくれている。
小池として対応してよかった、技術や知識が役に立った。
そう思わずにはいれません。

画像診断も慎重に行います。
混雑の中で予約枠を設けることは非常に無理を伴うため

1ヶ月に1名のみ

これを条件に、枠を設けることにしました。
月初にリクエストが殺到するので早めのLINE@登録をしてください。

Dr 小池
希望の方は⬇のLINE@から友達申請をして「AGA・FAGAの画像診断を希望します」と連絡ください

注意ポイント

ちまたのクリニックでも月々2~3万円というところが多いですが、シャンプーやヘアケア用品などを組み込まれて、月5万円以上にされてしまうのが通常です。

ご注意ください。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング
-,

Copyright© 小池ぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.