アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【ボトックス】という治療の勘違いや都市伝説

更新日:

ボトックスというクスリを使った治療がある。

痙縮や眼瞼けいれん

顔のシワ取りや、ワキ汗治療に使われる。

________________

痙縮症状

「痙縮」情報ガイドから引用

 

痙縮とは、

脳血管障害、脳性麻痺、頭部外傷、

無酸素脳症、脊髄損傷、多発性硬化症など、

さまざまな病態が原因となって「筋肉を縮ませる命令」が強くなり、

自分の意志とは無関係に筋肉が縮んでしまう症状をいう。

 

もっと簡単に言うと、

小児麻痺や脳卒中で、神経に障害がある、

こういう症状を痙縮(けいしゅく)と言う。

 

介護も大変な上、整容面も気になるところだと思うので、

目的の筋肉にボトックス注射を打って、硬直を和らげる事が出来る。

________________

人間は病気だと、問題があっても軽く考えて治療をためらわずに受ける。

シワ取りだと、副作用がどうとかしつこい人がいる。

副作用はあるに決まっている。

運動したら、筋肉痛が起きる。

食事したら、腹がふくれたり、眠くなる。

これって、運動や食事の副作用って言いますか?

 

ボトックスも副作用はあっても、この程度。

ちゃんとした病院ならね。

 

医者だったらどこでも、安心だと思っている賢くない人がいる。

こういう人は、みのもんたさんの番組が大好きだ。

白いんげん豆の健康被害をうけても、忘れる人だ。

白いんげん豆に続いて、どこぞのクリニックで同じ目にあったらよいと思う。

きっと、すぐ忘れるタイプの人だから。

 

詳しく言うと、ボトックスの副作用は100種類以上ある。

食思不振症や白血病などもある。

屁理屈?と思える副作用はきわめて希だし、

何もしていない人でも白血病は10万人に7人ほど勝手になる。

 

「あー、ボトックスって怖い」っていう人。

違った意味の、愚かな人です。

さっき言った痙縮になっている方は、

普通の人より体が弱そうなのは想像できますよね。

その人にボトックスを打って大丈夫なのだから、

普通の人はもっと大丈夫です。クスリの量も極小です。

 

シワ取り治療を受けて、効果がなかった人がいます。

そこのクリニックでは、4か月空けないで再度打つと、

ボトックスが効かなくなるという都市伝説を言われたそうです。

 

そもそも、以前はドクター小池クリニックにきており、

シワや筋肉が強くかったために一般的な薬の量では効果不十分だったので、すぐに追加しました。

4ヶ月なんて空けていません。

 

その後も半年~1年して、効果が切れたので再治療しています。

効果は全く下がっていません。

 

小池の治療を一度は理解した患者さんも、小池の治療を忘れて、

インチキ都市伝説医師の説明を鵜呑みにしたようです。

 

私の治療を、再度受けに来た患者さんに伝えました。

「ウソつくんじゃねーよ、ヤブ医者。

他で治療受けて、お前が言うような事実はなかったと、

都市伝説医師に言ってみてはいかがですか?」と。

 

たしかに、短い期間での再治療で、

その後効きにくくなるということはあるようです。

しかし、私はそのような経験は一度もありません。

私の周りの医師も一度もありません。

 

インチキ都市伝説ヤブ医者に、

「もう効きにくくなってしまったので、しょうがない。」と言われた患者様

「効果があまりないが、4~6ヶ月空けないと治療できない」と言われた患者様が、

小池クリニックに来た経験は、他にも沢山あります。

 

 

何でもありで、顔をひどくされたケース、

未熟な手術をチャレンジして大学病院で人が沢山死んだケースより、

何もせず、シワが消えない、効果がないというのは幸せです。

 

小池の治療を一度は効果がでて喜んでいた患者さんの人生で、

残された時間はどの程度か分かりませんが、

消えるシワを今は消せないと4ヶ月放置されたことは、

もったいないのではないでしょうか。

 

ボトックスについて、まだまだ語ることはありますが、

このブログをよんでもボトックス治療が心配な方は治療を受けてはいけません。

 

いま悩んでいる症状はそのまま放置しましょう。

そして、忘れましょう。

 

ブログを理解できない人が治療を受けたら、

心配病が悪化してきっと不幸せになることでしょう。

 

いい治療を受けたいのに、ブログにあるような

インチキ都市伝説ヤブ医者に当たってしまったかもしれない方は

ドクター小池クリニックにお問い合わせ下さい。

 

そもそもボトックスだけにこだわらず、

広くアンチエイジングの手法、知識をとりいれることが大事です。

 

いま行っている病院ではなにかピンとこない方、

病気になりたくない、元気でいたい方

情報を集めたいと思う方はLINE@で続きを見られます。

LINE@お友達登録

クター小池クリニックのLINE@登録はこちら ↑

「Dr.小池クリニック」と検索して頂いてもご登録頂けます。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.