アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

アンチエイジング スポーツ医学 予防医学

【血液クレンジング】まとめ

更新日:

冒頭文章

こんな悩みがありませんか?

ストレスとの多い現代社会、生活が不規則になりやすく、食生活も乱れがちです
肌はくすみ、疲れはとれず、なんだか調子がよくない。健康診断でもちょっと・・・
そういう方は多いです。まずはチェックしてみてください。

  • 肌がくすんでいる、若々しさを保ちたい
  • かぜを引きやすい、体調を崩しやすい
  • 冷え性、肩こり、頭痛がある
  • 慢性的な疲労がある、疲れが取れない
  • コレステロール、中性脂肪、尿酸値が高い
  • 脳梗塞、心疾患、動脈硬化、がんを予防したい
  • 慢性関節リウマチ、頚椎捻挫、腰痛など痛みがある

血液がドロドロのせいかもしれません!!

血液クレンジングとは

Dr 小池
ドロドロの血液では、流れがスムーズに行かないため、 十分な酸素や栄養素が行きわたらず、 体調をくずしたり、免疫の機能が衰えたりします。 また身体の栄養不足を放っておくとがんや心筋梗塞、脳梗塞になる恐れもあります。

血液流動性の改善

クレンジング前 クレンジング2時間後

 

医療用オゾンで採取した血液の酸素を最大限に増やし、きれいに浄化された新鮮な血液を体内へ戻すのが血液クレンジングです。

ドロドロ血の状態というのは、血液中の脂質コレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態で、赤血球が変形し連結してしまっています。

ここに医療用のオゾンを注入することにより血液が浄化され、サラサラ血になります。

そうしたサラサラ血は酸素を沢山含んでいますので、体内にゆっくりと戻すことで身体中の血液がサラサラになっていきます。

オゾン療法とは?

オゾン療法は約70年前にドイツで開発されました。本来身体に備わっている免疫力を上げる効果があり、ガンなどの難病への治療や予防としても注目されています。

エリザベス女王の母クィーンマムが受けていた

英国王室も認めたアンチエイジング療法

英国のエリザベス女王の母クィーンマムは、週に2回オゾン療法を受け、大きな病気をすることも無く、長生きしたのでイギリスでもオゾン療法が注目され、新聞記事にもなりました。

その後、英国を始めヨーロッパ諸国に広く血液クレンジング療法が広く広まり現在に至ります。ヨーロッパでは、B型C型の肝炎やHIVウィルスの増殖を抑えるために用いられています。

また疾患によっては保険適用となっており、虚血性疾患や狭心症・心筋梗塞などにも、オゾン療法が治療として行われています。

その他にも、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患にも用いられ、免疫力を上げる作用に優れることから、ガンの補完療法としても外科手術後に使用されています。

競走馬にも有効

競走馬にも血液クレンジング療法が行われています。オゾンクレンジング療法を行うと馬が疲れにくくなる効果があると最近では、多く取り入れられています。

高濃度の医療用オゾンを用い、素早く血液をオゾン化させることにより、「体内の酸素化」「免疫機能の向上」「細胞の活性化」などの効果があり、ヨーロッパで広く行われている治療法です。

JRA施設及び地方競馬場内(トレーニング施設を含む)でのオゾン治療は禁止されております。

【血液クレンジング】で効果の期待できる症状・疾患

肩こり、慢性疲労、冷え性

血液循環の改善、細胞の修復効果

慢性関節リュウマチ、頚椎捻挫、腰痛等の症状改善

局所の血流を改善、消炎、鎮痛効果あり

更年期障害の治療

不定愁訴、頭痛、肩こりなど

ガン、悪性リンパ腫、白血病への効果

免疫機能を活性化する

肝炎、HIV、インフルエンザウィルスの除去効果

血液とオゾンの反応でインターフェロン等が産生

動脈硬化に起因する脳血管疾患

脳循環を改善する

狭心症、心筋梗塞等の冠動脈疾患

冠血流を改善する

末梢循環の改善

糖尿病性末梢神経障害、下肢静脈瘤の症状の改善

抗アレルギー作用

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症

血液クレンジング治療の流れ

  1. カウンセリング
    まずは、医師の問診により最適な濃度を維持しながら、病気病態のみならず個人個人に合わせた量を算出し治療を行っています。
  2. 採血
    100~150mlの血液を採取します。採取した血液は、大抵どす黒い色をしています。医療用オゾンを血液に加えます。血液に医療用オゾンガスを混ぜます。オゾン量は、多すぎても少なすぎても良い結果を得られません。投与後に代謝と免疫系を活性化するために、もっとも効果のあるオゾンの量を、正確に測定して投与します。
  3. 血液とオゾンが反応
    血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。
  4. 点滴で戻します。
    オゾンクレンジングで活性化された血液を点滴で戻します。これだけで、冷え症の方などは、治療の最中から体中がポカポカと温まるのを実感して頂けます。
  5. 治療終了
    治療直後から、指先や足先まで身体全体に酸素を行き渡らせる効果があるので、脳と目にも酸素がいきわたり、治療をしている最中に視界がクリアになります。

※1回の施術時間は約20~30分です。オゾンの量は、多すぎても少なすぎても良い結果を得られません。投与後に代謝と免疫系を活性化するよう、もっとも効果のある量のオゾンを投与します。

施術回数と施術期間について

個人差はありますが1回の治療でも十分に効果はあります。

健康を持続させたり、老化予防(アンチエイジング)、疲労回復等が目的の方は1~2週間に1度、状態のよくなった方は3~4週間に1度の治療を続けることで、効果が維持できます。

癌の術後やウィルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。

血液クレンジングの学会認定施設で治療を受けるべき

ドクター小池クリニックでは、効果や安全性に基づいておこなっています。それ以外の見よう見まねのちまたのクリニックでは、機械も整備せず、ノリや思いつきでオゾン量を決めておこうなう野蛮な治療の可能性があります。

血液クレンジング(オゾン療法)は、学会認定の血液クレンジング施設で認められた研修を収めた医師の管理下で施術が行われています。ドクター小池クリニックは、日本酸化療法医学会で認められ研修を収めた医師のクリニックです。

︎日本酸化療法医学会(血液クレンジング施術クリニック一覧 東京)

血液クレンジング治療を受けた後の患者様の声

  • 全身が軽くなり、霧が晴れたような爽快感がある
  • 全身にエネルギーが満たされ躍動を感じる
  • 痛んで軋んでいた身体が、滑らかに動くようになった
  • 頭から肩にかけてまとわりつくような鎖から解放される清々しさ

治療を受けられるクリニックと料金

ドクター小池の治療を受けられるクリニックと料金

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, スポーツ医学, 予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.