アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

予防医学

【糖質制限】はいいのか、悪いのか?医学的に考えてみた結論。

更新日:

【この記事の目的】

糖質制限で体調不良が起きることもある。

しかし、それは糖質制限のやり方が、間違っているということにされるらしい。

あるいは、体質ですねと軽く言われるらしい。

それに対して、考えてみた。

【糖質制限】とは、

糖質は不要である。

糖質過多は悪である。

 

糖質がなくとも、タンパク質、脂質で糖質を補える。

糖質制限で具合が悪くなるのは、食事量まで不足していることが原因である、とされる。

 

元祖提唱者

ロバート・C.アトキンス博士は、アトキンスダイエットブームの最中、転倒して頭を強打し、昏睡状態にり亡くなったらしい。

https://g.co/kgs/jY8mdp

 

博士自身が、死亡時には高血圧で心臓病なども患っていた。

 

死亡する9日前には89kgだった体重が、死亡時には116kgに増えていたらしい。

これをもって、リバウンドしやすいダイエットと言われる。

 

このダイエットを実践した人たちに炭水化物不足によると思われる副作用が次々と認められたらしい。

しかし、博士がリバウンドしたとしても、そもそも、200kg近くあった時代が長くあって、その時点でカラダを悪化させていたら、リバウンド云々は関係ないかもしれない。

体重減少はよくても、ちがうデメリットが体に起きたかもしれない。

 

私感だが、糖質過多のゆるゆる人間より、糖質制限者の方が、勢いやパフォーマンスのある人が多い。

一方で、ファスティングや菜食を併用する人でハイパフォーマンスの人もいる。

(その意味は・・・、またこんど )

 

では、100歳を越える長寿が多くいる地域がの人が、糖質制限、高タンパク質を実践しているだろうか。

 

血糖値は、副腎ホルモンや、肝臓からの糖新生でも上がる。

もし、副腎や肝臓に何らかの機能障害がある時に、糖質制限をおこなったらどうなるだろうか。

そもそも、炭水化物と糖質の区別はついているだろうか?

 

たしかに、ダメな炭水化物は偏りがちなので、減らすのに異論はない。

しかし、その取っている炭水化物というものを一緒くたにしていないだろうか。

 

結論として、糖質制限が功を奏している方はよいが

・糖質制限を始めたいが、体質に合うか心配のある方

・糖質制限がどうも合わなそうだというデリケートな方

などは、信頼できるところに一度相談することをおすすめする。

 

一概にいいとか悪いとかいうものではない。

 

糖質を減らすのが目的ですか?

体重を減らすのが目的ですか?

健康になるのが目的ですか?

 

目的に合わせた食生活の改善がベストである。

 

【このブログは、特定の個人や団体、商品やサービスを非難するものではありません。一部、辛辣と思われる表現を含む場合がありますが、虚偽や錯覚を招く表現があたりまえになっている今の世の中で、正しい情報を伝えるために、やや過激な表現をするほかないだけです。】

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.