男性不妊の特徴や体の見た目5つ!不妊治療前に知るべき重要事項

【男性不妊】見た目5つの特徴、生活習慣5つの特徴

マンガの通り、不妊は女性側だけの問題ではありません。
男性にも不妊があるんですよ!?

まずは「自分は男性不妊?」
と感じられている方が多いと思われますので、1番知りたい「体の見た目の特徴」からご紹介します。

見た目の特徴

見た目の特徴は自己判断できる箇所でもあります。
分かりやすい特徴をまとめてみましたので、心当たりがある方は一度診療してみてはいかがでしょうか?

  • 睾丸が小さい(3cm以下)睾丸が小さいということはイコール精巣が小さいということになります。

    精巣が小さいとどんなことが起こりうるのでしょうか?
    精巣が小さかったり、柔らかすぎたりする場合、乏精子症(精液中の精子が少ない状態のこと)や精子無力症(精液中の精子の運動率が低い状態のこと)、染色体異常によって精子をつくる機能に問題があるなどの可能性があります。
    また、左右の精巣の大きさが違うと停留睾丸(精巣が陰嚢内に存在しない状態)の可能性もあります。
    一口に陰嚢の大きさが小さいと言ってもこれだけの可能性がありますので、調べてみる価値はあると思います。

  • 肛門から陰嚢までの距離が短い
    意外かもしれませんが、こんな見た目の判断基準もあります。肛門から陰嚢までの距離が短い人すべてがそうとは限りませんが、そういった方は精子に異常が出る確率が高いという研究結果が出ています。
    遺伝子異常と肛門から陰嚢までの距離の相関関係はまだはっきりしていませんが、不妊の原因となる何らかの化学物質への暴露が、胎児期の生殖器形成不全をも引き起こすからではと考えられています。
  • 太っている
    太っていると精子の数、濃度、運動量が激減すると言われています。つまり、精子の質が悪くなってしまうのです。これによって着床率が下がります。女性が太っていると不妊の原因になるというのも知られていますが、男性もまた、太っていると不妊の原因になりかねないのです。
    もちろん肥満はその他健康にも悪いので、不妊以外の観点から見てもダイエットをおすすめします。
  • 薬指が人差し指より短い
    指の長さは実は胎児期の性ホルモンが影響しているという研究結果が出ています。。女性ホルモンが多いと薬指が人差し指より短い「女性的な手」に。男性ホルモンが多いと薬指が人差し指より長い「男性的な手」になるそうです。
    これらから見るに、薬指が人差し指より短い人は男性ホルモンが通常の人より少ないと考えられます。
    男性ホルモンが少ない=精子の力が弱いとも考えられますので、見た目の判断基準の一つとしてあげています。
    男性不妊を疑っていて薬指が人差し指より短い人は精子の状態を検査してみるのも良いかもしれませんね。
  • 渋くて低い声の持ち主
    といわれる。

見た目だけでも以上のような可能性がわかります。
自己判断だけでは危険ですが、今後の行動指針にはなるのではないでしょうか?
もちろんこの見た目に当てはまる人すべてが男性不妊である、というわけではありません。ですが、可能性としては非常に高い確率で男性不妊である可能性がありますので、検査や治療に乗り出すと良いでしょう。

男性不妊の特徴

病院だと、こういったことを調べる

1,血液検査でホルモンの状態はどうか

2,触診などして器質的に異常がないか

3,精液の状態はどうか

 

2の場合

本人の努力では改善が難しいですね。

 

3の場合

亜鉛、コエンザイムQ10など飲んで、精子の動きを高めましょう!となります。

 

ちまたでは、そう言われています。

もし、自分が男性不妊かな?とおもったら、下記をチェックしてみてください。

生活習慣からわかる特徴

  • 運動が嫌い
  • 筋肉増強剤を使用している
  • トランス脂肪の摂取量が多い、
  • 自転車に長時間乗っている
  • 喫煙している

これらは精子の動きを妨げる可能性があります。

例えば運動が嫌いなあなたは太っているかもしれません。筋力増強剤を使っている人は自分の男性ホルモンが精子を作らなくなるかもしれません。(※筋肉増強剤としてではなく、精子製造を活性化させる為に少量摂取する場合はアリ!)

トランス脂肪の摂取量が多いあなたは血液がドロドロの状態で精子どころではないかもしれません。

自転車に長時間乗っているあなたは、睾丸にダメージが有る可能性があります。

喫煙者のあなたは有害物質を摂取することによって精子を作る機能にダメージがあるかもしれません。

他にも行為自体ができないとか。

男性不妊って、結構意味が広いですね。

 

しかし、その奥を追及しようとは、なかなか思えませんよね。

病気だとか、栄養だとか、精子の奇形だとかいいますが、性行為自体ができなかったら、そもそも、意味ないですよね。

社会環境がストレスフルだと、例えばサプリだけで、改善するんでしょうか?

 

男性不妊を疑うあなたは産婦人科に同席して検査したり、泌尿器科いって調べたりできますか?

 

まだオレには違う可能性がある、とお思いなら、改善できること、見直すことを探してみませんか?

サプリ、漢方でも何でも頑張って、次のことを検討したい人には、ほかの色々な可能性があります。

男性が頑張らないと、子供の数が増えないよ!

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ