アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

【肥満と食欲】太っている人ほど食欲がおさまらない

好きで肥満だったり、好きも嫌いもなくて何も考えず肥満だったり、いろいろ原因はあると思います。肥満でやせたい人もいるでしょうが、肥満な人ほど簡単にやせられません。

なぜなら、肥満っぷりと、食欲っぷりが比例しているからです。

食欲はどうやって感じるの?

食欲は、脳の視床下部というところでコントロールされています。

エネルギーが足りないから食べなさい、満腹になったので食べるのを止めなさい、という様に。

ただし、空腹でなくても、頭に残った「これ美味しかった」という記憶があると、その欲望を満たしたくなるのが人間です。

だから、たいしてお腹空いてなくても食べてしまう。食欲と言うよりは、おいしさを味わう快感がほしいだけの「偽の食欲」で食べてしまうのです。

血糖値も食欲と関係している!

血糖値が不安定だと、食べてもすぐに食欲を感じやすい。

菓子や砂糖、甘い清涼飲料水など、急に血糖値があがって、急に下がるとすぐに食欲を感じてしまいます。

缶コーヒーや清涼飲料水をずっと飲んでいると、この血糖値が不安定になり、食欲を日常的にコントロールできなくなるのです。

急に下がるといっても、決して低血糖になるわけではないが、「落差」があると、体が低血糖のように感じてしまい、お腹が空いてフラフラするとかんじてしまうのです。

落差に人間は弱いのです。

ストレスも食欲を増す原因

ストレスを感じると、それに立ち向かおうとして、エネルギーを必要以上に補充しようとする。

たとえば、猛獣がいてストレス→エネルギー必要で腹が減る→猛獣を捕まえて食べよう。と原始時代ならなるが現代ではそうならない。

どうでもいいストレス(人間関係など)→エネルギー必要で腹減る→ポテチやケーキ、アイスクリーム、エナジードリンク、ラーメン、ビールなど食べることでストレスを誤魔化す。

急いで食べると何故悪い?

よく急いで食べると、満腹になりにくいと言われるのは、食べ物が胃に入りふくらんで、脳に満腹を伝えるには約15分かかるため。早食いすると、食べ過ぎてしまう。と言われる。

あんまり早く満腹になってしまうと、吸収が少なくなるし、あんまり満腹を感じないと、獲物を横取りされるリスクがある。だから、15分といったところだろうか。

ダラダラ食べ続けても、食事に集中してないと、これまた満腹感を感じにくい。

テレビを見ながら食事をするのは、満腹感を感じにくく太りやすい行為である。

食事、食欲を見直すのに、食べたものを書き出すという行為がある。できるならやってみるのもいいがめんどくさくて続く人は少ない。

食欲抑制ホルモンのレプチン

食欲ホルモンを抑えるホルモンに「レプチン」というものがある。
脂肪細胞から出る。
レプチンは脂肪が増えるにしたがい放出量が増える。太ると脂肪細胞も太るので、レプチンが多く出る。しかし、肥満の人の多くは、レプチンが効きにくくなる「レプチン抵抗性」が起こり、食欲を抑えられなくなる。

太っているとレプチンが効きにくい。だから太っている人ほど、より太りやすい。

太っていることは不幸なのか?

太っている事が不幸だろうか?
美味しいものを沢山食べた人生なのだから不幸ではないはずだ。

ストレスで食べてしまった?
それでも、美味しいものを沢山食べた人生なのだからよかったはずだ。

美味しいものを適量食べて、より長生きで、より食べる機会が増える人生という選択肢もある。自分はこちらを選んでいる。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, 予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.